ラグビーワールドカップ 熊谷で開催!

熊谷「cafe&bar PUBLIC CULTURE(パブリックカルチャー)」のランチプレート

熊谷駅の駅ビル「ティアラ21」の2階にある「cafe&bar PUBLIC CULTURE(パブリックカルチャー)」へいってきました。

本屋に隣接した一風変わった造りのカフェ。店内の様子やメニューを紹介していきます。

パブリックカルチャーについて

パブリックカルチャーは熊谷市内にある「加賀家食堂」「パブリックダイナー」の系列店。

以前、熊谷ニットーモールにあった「PDC CAFE」をリニューアルオープンしたお店です。

スペース自体は広くないけど、壁が無くオープンな空間のカフェ。隣は同じ日にオープンした本屋、文教堂です。

カフェと本屋の間にあるこちらのテーブルの本はカフェへ持ち込みOKだそうです。(シールが貼っているものに限りますが)読みながら食事やお茶ができるのは嬉しい。

テーブルには違うイスが並び、飾られている照明や雑貨もオシャレ。

赤い壁とちょっと暗がりの照明はbarの雰囲気が出ていますね。朝10時からお酒も出しています。

外通路のスペースはオープンな感じ。

パブリックカルチャーのメニュー

こちらはカフェメニュー。ランチは3種類。
10:00〜17:00までと長いので遅めのランチでもOK。食べ物は、サンドウィッチ、トースト、プレスサンドなどパンが中心です。

ドリンクはコーヒー、紅茶と狭山紅茶バブルティー、河越抹茶アイスラテ、埼玉県産フルーツのアレンジコーヒーなど埼玉県産のメニューも用意されています。

アルコールのバーメニュー。ビール、日本酒、サワー、カクテル、ワイン、おつまみが揃っています。
熊谷宿ビール、熊谷市権田酒造の直実などこちらも埼玉県産のメニュも。

パブリックカルチャーのランチをいただいてきた

本日のランチプレート (A.サンドウィッチプレート)

サラダ、お任せデリ1種、サンドウィッチ、ドリンクのセット。

具がたっぷりの厚みのあるサンドウィッチ。中身はレタス、卵マヨ、トマト、玉ねぎ、パストラミハムなど・・食べ応え十分!

パンに塗られたマスタードがアクセントにもなって美味しいです。パンは熊谷市役所前の系列店「パンと、総菜と、珈琲と。」のもの。

アイスブリュード珈琲

上に泡が乗っているけどビールではなく。コーヒーの泡!
店員さんからの説明ではストローで飲まず、上から泡と一緒に飲むと美味しいとのこと。ほどよい苦みがあってスッキリした味。

食べ終わった食器はカウンター近くの返却口へ。

平日の午前中だったため、お客さんがまだ少なくゆっくり過ごせました。
食事もコーヒーも美味しく満足!子連れで行きましたが、食後は本を借りてきて親子でまったり。

カウンター席もあるので、おひとりさまでもOK。駅近でふらっとお茶やお酒を飲むのもいいかもです。

パブリックカルチャーの系列店一覧

熊谷市内に展開しているパブリックカルチャーの全系列店はこちら。

行かれる場合は、記事を参考にしてみてくださいね。

パブリックカルチャー 店舗情報

  • 住所:埼玉県熊谷市筑波3-202 ティアラ21の2階
  • 電話番号:048-598ー6111
  • 営業時間:10:00〜21:00
  • 定休日:アズ熊谷に準ずる
  • 駐車場:アズ熊谷の駐車場を利用