行田「PAZZO-DI-PIZZA GYODA(パッツォ・ディ・ピッツアギョウダ)」で焼きたてピザランチ

行田市にオープンした「PAZZO-DI-PIZZA GYODA(パッツォ・ディ・ピッツアギョウダ)」へ行ってきました。

行田では珍しい本格的な釜焼きピッツアのお店。ランチの様子を紹介していきます!

元うどん屋をリノベ!PAZZO-DI-PIZZA GYODA

場所は行田市佐間の県道66号線沿い。隣にはチェーン店「なか卯」、道路を挟んだ向かい側にファミレス「ココス」があります。

うどん屋だった店舗を改装しているので、外観もちょっと和っぽい!

ピザを釜に入れる時に使う道具を看板に営業中は「やってるよ」の表示。ちなみにこの道具、ピザピールというらしいですね。

うどん屋を利用しているとあって和風な雰囲気。和とピザ・・・!?と一瞬思いつつも、木の温もりに包まれて、なんとなく落ち着きますね。

子ども2人と一緒だったので、座敷席にしました。靴を脱ぐと更にリラックス。子連れだとお座敷席があると助かりますね。

オーナーさんは行田出身。以前は西新宿の「パッツォディピッツア」という同じ名前のお店でピザ作りをされていて、この度地元にお店を構えたそうです。

PAZZO-DI-PIZZA GYODAのメニュー

ランチセットにドリンクは付いていないので、別料金でした。セットにドリンクが付いていたら更にいいなぁ。

まだお客さんが少なかったので、子どもと一緒にピザを焼いている様子を見せてもらいました〜!500℃で焼き上げているので、釜に入れてから1分〜2分であっという間に完成。

しかも、オレンジのピザ釜は、イタリア大使館で使用されていたものだそう!ピザ釜は、ディナータイムではピッツァ以外の料理でも利用しているんですって。

PAZZO-DI-PIZZA GYODAのランチ!

マリナーラピザのランチセット

トマト・ニンニク・オレガノ・バジルが乗ったピザ。食欲をそそる焦げ目がたまりませんね・・・!もっちりした薄い生地に甘酸っぱいトマトソース、ニンニクがきいています。

ピザ生地は天然酵母を使用、小麦粉はイタリア産と国産荒切り全粒粉をブレンドしているとのことで、本格的なこだわりが感じられます・・・。スゴイ。

アンティパストのプレート。人参しりしり風、鶏肉のバジルあえ、じゃがいも入りオムレツ、サラダという感じ。サラダのドレッシングが美味しかったな。

夜はアヒージョ、ハンバーグなどの釜焼き料理やおつまみなど、本格的なイタリアンがいただけるお店。「子連れ大歓迎」とのことなので、また家族で来てみようかなと思います。

PAZZO-DI-PIZZA GYODA 店舗詳細

※店舗情報やメニューは記事公開時点のものです。最新情報はお店や公式ページで確認するようお願いします。