【深谷市・中の家(なかんち)】生家と渋沢栄一アンドロイドを見学!アクセス・料金・駐車場情報

深谷・渋沢栄一生誕の地・中の家

大河ドラマ『青天を衝け』や新一万円札の肖像に決定した、渋沢栄一の生誕地が深谷市に残っています。

実際に訪れた様子やアクセス、見学時間をまとめて紹介します。

渋沢栄一生誕の地「中の家」場所・アクセス方法

旧渋沢家「中の家(なかんち)」はJR高崎線の深谷駅から車で約20分ほどの距離。

住所は、深谷市血洗島247-1

群馬県との県境の近く、深谷市血洗島(ちあらいじま)にあります。

中の家駐車場

深谷・中の家の駐車場

中の家には広い駐車場が用意されています。料金は無料です。

深谷・中の家への入り口

中の家の手前には、大型バスが駐車できるスペースもあります。観光バスで訪れることもできます。

循環バス渋沢栄一論語の里での行き方

深谷・中の家のバス停

深谷駅北口方面から発車している市内循環バスで訪れることができます。

渋沢栄一論語の里循環バスの運行回数は、1日平日7便、土日祝祭日は13便です。

▼時刻表

▼循環バス渋沢栄一論語の里の料金

  • 1日券乗り放題:大人(中学生以上)500円/小学生:250円/未就学児:無料
  • 1回乗車券:大人(中学生以上)250円/小学生:150円/未就学児:無料
深谷・渋沢栄一生誕の地・中の家の門

江戸時代後期の1840年(天保11年)渋沢栄一は深谷市血洗島で誕生します。

「血洗島」という珍しい地名の由来は明確にはなっていませんが、江戸時代の文献にはすでに「血洗島村」という名が記されています。

栄一が生まれ育った住居は1892年(明治25年)に火災で焼失。

現在の中の家は家督を継いだ栄一の妹・てい、ていの夫・市郎夫婦が1895年(明治28年)に上棟した住居です。

渋沢家は代々農業を営んでいましたが、明治時代には養蚕や藍玉づくり、雑貨屋・質屋なども手掛けるようになり、財を成していったとのこと。立派な正門から裕福な暮らしぶりが想像できます。

深谷・渋沢栄一生誕の地・中の家

正門をくぐると、切妻造りの2階建ての主屋が見えてきます。養蚕農家特有の屋根の上に高窓が付いた立派なお屋敷。2階は養蚕用としても利用されたそうです。

渋沢栄一中の家土蔵
敷地内には他に土蔵が4つ
深谷・中の家・若き日の渋沢栄一

渋沢家の長男として誕生した栄一が中の家で過ごしたのは23歳まで。

その後は、仕事の合間をぬって帰省していたそうです。

中の家の見学について

「中の家」の見学は無料。時間は9:00~17:00までで、入場は16:30までとなっています。

休館日は年末年始 (12月29日~1月3日)です。

※2021年4月時点では、中の家室内の見学はできません。

渋沢栄一中の家土間
主屋の土間

主屋の土間には、渋沢家の家系図、写真や資料などが紹介されています。2017年に訪れた上皇上皇后両陛下のお写真が展示されていました。

見学時にはガイドの解説をお願いすることも可能。解説をお願いしたところ、歴史背景や昔の深谷市の様子がわかり参考になりました。

渋沢栄一中の家書
渋沢栄一の書
渋沢栄一中の家座敷
主屋のお座敷

主屋の中は見学できませんが、土間からお座敷の様子をうかがうことができます。

深谷・中の家1階の和室

1階奥の座敷は、栄一が帰ってきた時に使っていた部屋。栄一が静かに過ごせるようにと、部屋の真上には2階部分を造らなかったそうです。

渋沢栄一アンドロイドが見学できる

中の家では渋沢栄一のアンドロイドが公開されています。

深谷・中の家・渋沢栄一アンドロイド

こちらです!80歳の渋沢栄一の姿を再現しているそうですよ。

深谷・中の家・渋沢栄一の部屋

奥の座敷である自分のお部屋に座っています。ゆーっくり動きますよ。

▼動画撮ってみました!

深谷・中の家・渋沢栄一アンドロイド公開期間

渋沢栄一アンドロイドの公開期間や時間は以下となっています。

  • 公開期間:2021年2月13日〜2021年12月26日まで
  • 公開時間:9:30〜16:00

中の家の隣には煮ぼうとう専門店

中の家の東側には煮ぼうとう専門店「麺屋忠兵衛煮ぼうとう店」が営業しています。

深谷・中の家・麺屋忠兵衛煮ぼうとう店

平日の13:00ころ行くと満席。外までお客さんが並んでいました。

お店は元々あった住宅を利用しています。

深谷・中の家・煮ぼうとうの看板

煮ぼうとうは深谷市の郷土料理。平たい麺にきのこやネギ、大根、油揚げなどの具材をたっぷり入れて食べます。渋沢栄一も煮ぼうとうを食べたそうですよ。

深谷・中の家の煮ぼうとうメニュー
渋沢栄一中の家観光案内

旧渋沢邸「中の家」は、明治時代から大正時代にかけて、日本の近代文化に貢献した渋沢栄一の原点を垣間見ることができる場所です。

あわせて読みたい関連記事

旧渋沢邸「中の家」周辺には他にも、渋沢栄一に関連する施設が多数揃っています。あわせて見学するのもおすすめです。

旧煉瓦製造施設ホフマン輪窯6号窯内部2 旧煉瓦製造施設|東京駅のレンガは深谷産!ホフマン輪窯6号窯・煉瓦資料館を見学してきた 深谷誠之堂と清風亭外観 【誠之堂・清風亭】深谷出身の渋沢栄一ゆかりの重要文化財を見学 渋沢栄一記念館外観 深谷・渋沢栄一記念館|大河『青天を衝け』や新一万円札で注目!無料で見学できる観光スポット

旧渋沢邸中の家 施設情報

  • 住所:深谷市血洗島247-1
  • 電話:048-587-1100(渋沢栄一記念館)
  • 開館時間:9:00〜17:00(入場は16:30まで)
  • 休館日:年末年始(12月29日〜1月3日)
  • 見学料金:無料
  • 駐車場:あり(無料)