【クマガヤプレイス】ホシカワカフェが担当する「PLACE COFFEE(プレイスコーヒー)」店内・メニュー情報

熊谷駅ビル、アズ熊谷6階の「PLACE COFFEE(プレイスコーヒー)」。

PLACE COFFEE(プレイスコーヒー)は、複合施設クマガヤプレイス内のカフェ。一体どんな場所なのか気になり、さっそくいってきました。

クマガヤプレイスの施設

クマガヤプレイスがあるのは、アズ熊谷の最上階の6階。上りエスカレーター正面にあります。

アズ熊谷クマガヤプレイス

フロアの一部をリノベーションした広い空間。そこにホール・キッズルーム・カフェが揃い、熊谷のコミュニティスペースとして、2017年6月に誕生しました。

アズ熊谷プレイスホール

プレイスホールでは、イベントや会議まで用途はさまざま。例えば、8月の熊谷花火大会では、壁に花火の映像を映して鑑賞会を開催していました。

プレイスコーヒーイベント

熊谷エリアのお店が連携して定期的にイベントが行われているんです。

クマガヤプレイス キッズルーム

おもちゃが用意されたキッズスペースもあり、小さい子どもを連れて気軽に遊びに来れます!

アズ熊谷には、他に子どもが遊ぶ場所は設けていません。クマガヤプレイスのキッズルームがかなり貴重になりますよ。

プレイスコーヒートイレ案内

トイレはすぐ近くにあるので、お子さんが急に「トイレに行きたい〜!」なんて時でも安心。

授乳室とオムツ替えの部屋はアズ熊谷の4階に用意されています。

クマガヤプレイス 本棚

大きな本棚があり、絵本から大人向けの本まで種類豊富です。

プレイスコーヒー

クマガヤプレイスの一角にあるのがプレイスコーヒー。熊谷市星川のカフェ「ホシカワコーヒー」のバリスタさんが担当しているカフェです。

以前は「アキモトコーヒーロースターズ」「パブリックダイナー」そして、ホシカワコーヒーの3店が日替わりで営業していましたが、2018年12月現在はホシカワコーヒーだけの形になりました。

プレイスコーヒーカウンター

プレイスコーヒー客席

カフェスペースは広々としていて過ごしやすい空間です。隣の席と近くて狭い、ということがないのも嬉しいポイント。

Wi-Fiがあるのでパソコン持参で過ごすこともできますよ。Wi-Fiも通りもサクサクっとばっちりです。電源コンセントはありませんでした。

プレイスコーヒーのメニュー

では、プレイスコーヒーのメニューを紹介します。(記事公開時点のメニューです)

コーヒーメニュー

プレイスコーヒーメニュー2

プレイスコーヒーメニュー1

コーヒーは豆と抽出方法を選びます。お得なセルフコーヒーもありますよ。

ランチメニュー10:00〜15:00(L.O14:30)

プレイスコーヒーランチメニュー

全品ドリンクとセットで50円引きです。

  • 北欧風アボガドスモークサーモン:580円
  • カプレーゼ:680円

キッズプレート

プレイスコーヒーキッズメニュー

子連れには嬉しいキッズプレートがあります。プレートの値段は500円、ジュース100円、ソフトクリーム180円とリーズナブル。

カフェメニュー15:00〜21:00(L.O20:00)

プレイスコーヒーカフェメニュー

※日曜のみ〜19:00(L.O18:00)

この時は3ヶ月限定で行田市の「ペコペコカフェ」のクッキーが販売されていました。

クイックカップサービスのコーヒーを飲んでみた

プレイスコーヒーコーヒー自販機

気軽に飲みたい方は自動販売機のコーヒーがおすすめ。これ、セブンイレブンに置いているマシンと同じだそうですよ。値段はホット300円、アイス350円とカフェにしてはお手頃価格です。

プレイスコーヒーコーヒー自販機2

マシンの豆は「ホシカワカフェ」のコスタリカ、「アキモトコーヒーロースターズ」のデカフェ、「パンと、惣菜と、珈琲と。」のオリジナルブレンドでした。

迷った末に、ホシカワカフェのコスタリカに決定!

プレイスコーヒーホシカワカフェのコーヒー

並々と注がれたカップを手にゆっくり過ごしてきました。

クマガヤプレイス・プレイスコーヒーがオープン!初日イベントに行ってきた

クマガヤプレイス・プレイスコーヒー 店舗情報