【深谷・畑とキッチンカフェ】野菜たっぷり!築100年の古民家カフェのランチ

深谷・畑とキッチンカフェランチの野菜プレート

深谷市の「畑とキッチンカフェ」へ行ってきました。

築100年の建物を改装し2021年4月にカフェとしてオープン。

店舗の様子やランチメニュー、野菜中心とした料理を紹介していきます。

畑とキッチンカフェの場所・アクセス

「畑とキッチンカフェ」の場所は深谷駅から車で15分ほどの深谷市成塚。

近くには旧煉瓦工場や煉瓦資料館があり、渋沢栄一記念館からは車で15分ほどの距離です。

  • 住所:埼玉県深谷市成塚231
  • 予約問い合わせ専用電話番号:070-8594-2301
  • 営業時間:10:30〜17:00(ランチ11:00〜14:00、カフェ15:00〜17:00)
  • 毎週金・土曜18:00〜21:00
  • 定休日:毎週水曜、第2・4木曜日、年末年始
深谷・畑とキッチンカフェへのアクセス

車のナビを頼りに県道356号線(成塚中瀬線)沿いを進むと「畑とキッチンカフェ」を発見!

民家と畑が多い地域ですが、通りに看板が出ているのですぐにわかると思います。

深谷・畑とキッチンカフェの看板

ロゴは九曜紋にネギの断面をイメージ。「豊」の文字が口角を上げて笑顔になるように、とデザインされたそうです。

深谷・畑とキッチンカフェの駐車場

駐車場は建物前のスペースが利用できます。

畑とキッチンカフェの店内

深谷・畑とキッチンカフェの入口

立派な門と暖簾が出迎えてくれます。さっそく中へ。

深谷・畑とキッチンカフェの店舗外観

門をくぐると、趣のある大きな建物がお庭をぐるりと囲むように建っています。築100年の建物をリノベーションしています。

深谷・畑とキッチンカフェの野菜販売

入口には自家農園で栽培されたきゅうりを販売。野菜は日々異なりますが、閉店前には売り切れることが多いそう。購入するなら食事前がおすすめです。

私もきゅうりを買っていただきましたが、緑が濃くツヤとハリがあり新鮮そのもの!お味噌を付けて、パクパクとあっという間に完食してしまいました。

深谷・畑とキッチンカフェのテーブル席

さて、引き戸を開けて店内へ。一歩入ると木の温もりに囲まれ、懐かしくほっと落ち着く空間が広がります。

カフェはオーナーさんと奥様、ご家族で切り盛りされています。ランチは完全予約制ですが、15:00からのカフェは予約しなくても利用できます。

深谷・畑とキッチンカフェのカウンター席

客席はテーブル12席、電源付きのカウンターは4席。カウンターやテーブルは廃材を活用した手作りだそうです。

深谷・畑とキッチンカフェのキッチン

テーブル前には煙突が設置されたかまどや小型の自家焙煎機など、気分高まる設備が整えられたキッチン。

深谷・畑とキッチンカフェのかまど

特に注目したいのは現代では珍しいかまど。薪をくべてご飯を炊き、常にお湯を沸かしているのでもくもくと湯気が上がっていました。

深谷・畑とキッチンカフェの貸し切り部屋

隣には囲炉裏が置かれた個室が。ゆったりと過ごせるプライベードな空間で子連れ家族やグループのお客様に気兼ねなく過ごしてもらうために作られたそう。おしゃれなカウンターバー付きでお酒もいただけます。

深谷・畑とキッチンカフェの天井

吹き抜けの天井を見上げ、立派な梁や太い柱を眺めると長年の歴史を感じます。2階部分はかつて、養蚕業をしていたときに養室として利用していたことがあるそうです。

畑とキッチンカフェのランチ

ランチメニューは野菜を中心としたプレート。別料金で自家焙煎のスペシャルコーヒーやハーブティー、アルコールを提供しています。

深谷・畑とキッチンカフェランチメニュー

ランチプレート

深谷・畑とキッチンカフェランチの野菜プレート

野菜を中心としたランチはご飯、スープ、デザート付き。プレートにはメインの日替わりとおばんざいが盛り付けられています。かまど炊きでできたおこげも添えられていました。

深谷・畑とキッチンカフェランチ

自家農園で収穫された新鮮野菜はイエロートマトや紫だいこん、きゅうり、春菊、水菜、ズッキーニなど、どれもみずみずしく、甘く、素材そのものの味が堪能できます。

野菜たっぷりですが、ほかにおからのハンバーグやサケのバジルパン粉焼きなど充実の内容です。

深谷・畑とキッチンカフェのかまどご飯

つやつやとしたかまど炊きのご飯は、黒米や粟が少し混ざっていました。食べやすい硬めの食感で口に含むたびに香ばしさと甘みが広がります!

ご飯はおかわり自由なので、お腹に余裕があるときはぜひおすすめです。

深谷・畑とキッチンカフェ・ランチのスープ

キャベツや大根の葉が入った野菜スープ。お焦げを浮かべ食べると、スープとの相性もばっちりです。

スペシャルハーブティー

深谷・畑とキッチンカフェのハーブティー

漢方の薬剤師さんが処方されたハーブティーを注文してみました。

アップルフルーツ、陳皮、ゆず、ブラックカラント、なつめ、キンモクセイ、コーンフラワー、芍薬の花などが入った花とフルーツのスペシャルティーです。

深谷・畑とキッチンカフェのハーブティーにお湯注ぐ

かまどで沸かしたお湯を目の前で注いでいただけます。ポットにお湯が入ると心地よい香りがふんわりと漂い、リラックス効果も期待できそう。5分ほど蒸らしてからいただきます。

深谷・畑とキッチンカフェのスペシャルハーブティー

カップに注ぐときれいな黄金色。甘みと漢方のような風味が感じられ一口飲むたびに、身体に染みわたります。たっぷりとカップ3杯はあるので、かなりお得なハーブティーです。

スペシャルコーヒー

深谷・畑とキッチンカフェのコーヒー

コーヒーは厳選した豆を毎日数回に分けて自家焙煎し、少し寝かせた3日目のものを提供しているとのこと。

ブレンドは「赤城山」と「浅間山」の2種類。ネーミングは山の形状に由来し「赤城山」はしっかりと深い味に、「浅間山」は長い裾野を引く形状にちなんでスッキリとフルーティーな味わいにそれぞれ仕上げているそうです。

今回いただいたのは「赤城山」のほう。酸味が少なくまろやかで、しっかりとコクのある味わいです。かまどで沸かしたお湯を使っているので、まろやかな口当たりの余韻が長く続きます。

深谷・畑とキッチンカフェのフリーサービスお水

趣のある空間と野菜料理とかまど炊きのご飯、こだわりのコーヒーなど、お腹だけでなく心も満たされるカフェでした。友人や家族との食事の場所にぜひおすすめです。

おすすめ関連記事

周辺にはNHK大河ドラマ「青天を衝け」主人公渋沢栄一に関連する施設が多数揃っています。あわせて訪れるのもおすすめです。

旧煉瓦製造施設ホフマン輪窯6号窯内部2 【深谷・旧煉瓦製造施設】東京駅のレンガは深谷産!ホフマン輪窯6号窯・煉瓦資料館を見学してきた 深谷誠之堂と清風亭外観 【誠之堂・清風亭】深谷出身の渋沢栄一ゆかりの重要文化財を見学 渋沢栄一記念館外観 深谷・渋沢栄一記念館|大河『青天を衝け』や新一万円札で注目!無料で見学できる観光スポット 深谷・渋沢栄一生誕の地・中の家 【深谷市・旧渋沢邸中の家】渋沢栄一生誕地とアンドロイドを見学してきた!アクセス・料金・駐車場情報