ラグビーワールドカップ 熊谷で開催!

深谷の老舗和菓子店「糸屋製菓店」翁最中とあんドーナツ

深谷糸屋製菓店の外観

深谷の老舗和菓子店として有名な糸屋製菓店。深谷周辺に住んでいる方ならご存じの方も多いはずですよね。名物の「翁最中」や「あんドーナツ」をいただきましたので詳しく紹介します。

中山道沿いにある糸屋製菓店

糸屋製菓店は、深谷駅から徒歩で15分ほど。深谷駅からだと、深谷シネマのある七ツ梅酒造跡を通り過ぎて辿り着きました。

深谷シネマの外観 酒蔵を改造した映画館「深谷シネマ」特別な空間が味わえるミニシアター
深谷糸屋製菓店への行き方
中山道沿いに建つ糸屋製菓店

深谷市内でよく見かける糸屋製菓店の看板が目印。看板の横は駐車場です。

深谷糸屋製菓店の外観
糸屋製菓店の正面

創業明治41年とあって重厚な店構え。現在は4代目が継いでいらっしゃいます。

糸屋製菓店の看板商品は、翁最中をはじめ、翁羊羹、五家宝、あんドーナツなど。熊谷銘菓とされる五家宝ですが、深谷でも造っているお店があるんですね。

店内は撮影禁止ですが、引き戸や商品ケースなど至るところに歴史を感じますよ。気になる方はぜひ、糸屋製菓店の店舗へ行ってみてください。

糸屋製菓店の最中とあんドーナツ

最中とあんドーナツを購入してきました。

翁最中(大・小)

深谷糸屋製菓店の翁最中外装
糸屋製菓店の翁最中

翁最中は大と小の2サイズです。値段は税込で大が216円、小が120円です。

深谷糸屋製菓店の翁最中(小)
翁最中(小)
深谷糸屋製菓店の翁最中(小)の裏
翁最中(小)には「翁」と「糸屋」

翁最中(小)の皮は2種類のデザイン。翁のお面と、「翁」と「糸屋」の文字が入っています。

深谷糸屋製菓店の翁最中(小)中身
翁最中(小)割って食べてみた

サクッとした香ばしい最中皮に小豆が合わさり、餡の甘さが強くなくて食べやすい。ペロッと食べられます。

深谷糸屋製菓店の翁最中(大)
翁最中(大)

一方こちら翁最中(大)。一度見たら忘れられない鼻と唇の辺りがリアルな最中。がぶっとかじったら怒られそうですね・・・。創業時から現在まで100年以上も作られています。

深谷糸屋製菓店の翁最中(大)全体

中身は餡がたっぷり!さらに大きさもあり、見た目以上にボリュームがあります。1個でもう、十分満足でした。

最中自体は美味しいので、手みやげや人に渡すのにはよさそうです。添加物、保存料が使用されていないのも安心。賞味期限は購入日から1週間でした。

あんドーナツ

深谷糸屋製菓店のあんドーナツ袋
あんドーナツの袋

あんドーナツは、お店を出てすぐいただきました。油染みが手に付いてベタベタしないように、外側にビニールがかけてあります。ありがたい配慮。

深谷糸屋製菓店のあんドーナツ
糸屋製菓店のあんドーナツ

手のひらに収まる小ぶりサイズ。たっぷりと全体に砂糖がまぶしてあります。税込で1個150円です。

深谷糸屋製菓店のあんドーナツ中身
あんドーナツをかじる!

砂糖のガリッ!生地のザクッ!の食感。あん自体はさほど甘くないけど、表面に砂糖がまぶしてあるのでひたすら甘いです。甘党の方は喜びそうですね。

深谷糸屋製菓店の袋
深谷糸屋製菓店の袋の裏

商品が入っていた袋にも歴史を感じます。書かれているのは、その昔お店で募集した短歌だそうです。店員さんに伺うと、いつ頃か分からないくらい昔なんですけど・・・とのことでした!

ちょっとした手みやげにするにもぴったりなお菓子が揃う、糸屋製菓店。今回は食べていないけど、五家宝や翁羊羹なども販売されているので、また購入しに行きたいと思います。

糸屋製菓店 店舗情報

  • 住所:埼玉県深谷市深谷8ー5
  • 電話:048-571-0167
  • 営業時間:9:00~16:45
  • 定休日:水曜
  • 駐車場:お店の横に2台、裏にも駐車場有り

※店舗情報や商品内容は記事公開時点のものです。最新情報はお店や公式ページで確認するようお願いします。