小川町の仙元山見晴らしの丘公園へ!長さ203mのローラーすべり台はスリル満点

小川町ローラーすべり台スタート位置

そろそろ紅葉の景色が見られるようになってきました。山の景色が見たくなって、小川町へドライブに。

ちょうど埼玉県民の日(11月14日)ということで、学校が休みの子どもを連れて行ってきましたよ。

仙元山見晴らしの丘公園

小川町といえば、仙元山のすべり台です。子どもを遊ばせるのにちょうどいいので、行ってみることに。

標高299メートル、仙元山の中腹にある見晴らしの丘公園です。道が細いので、すれ違いには注意してくださいね。

小川町見晴らしの丘公園入口

山道を車で5分ほど登ったところで、到着!

大きなゲートを車でくぐると、公園になっています。仙元山の頂上は、公園職員の方によるとさらに、徒歩20分ほどかかるそうです。

仙元山見晴らしの丘公園の駐車場

小川町見晴らしの丘公園駐車場

入口ゲートをくぐるとすぐに駐車場があります。料金は無料です。

小川町見晴らしの丘公園駐車場2

全部で17台ほど停められます。

ローラーすべり台を滑ってきたよ

仙元山見晴らしの丘公園へ来たら、せっかくなのでローラーすべり台で遊んでおきましょう!

小川町ローラーすべり台入口

ローラーすべり台は斜面を登っていきます。私も子どもと一緒に張り切って向かいます。

小川町ローラーすべり台案内

なんと、203メートルもあるローラーすべり台。しかも有料!

公園の滑り台なのに有料なんて・・・と思いましたが、203メートルもあるなら仕方ないのかな。

ここでお得な情報を・・・。このローラーすべり台、埼玉県民の日は無料で利用できるんですよ!ちょうど無料の日でラッキーでした。

小川町ローラーすべり台

高さもかなりあります。高所恐怖症の人は無理しないように・・・。

小川町ローラーすべり台への階段

すべり台のスタート位置までは、ゆるやかな階段を登っていきます。

小川町ローラーすべり台案内

スタート場所には小屋が建っていて、中には係の人が常駐しています。

通常はお金を払うので、勝手に滑るということはなさそうです。

ローラーすべり台の料金はこちら。

  • 大人(高校生以上):200円
  • 小人(小・中学生):100円
  • 未就学児:無料(保護者の同乗が必要)

すべる時に敷くマット(100円)や手袋(50円)も販売されていました。各自でダンボールを持参してもOKです。

小川町ローラーすべり台のり場

スタート位置に立って、準備!ちょっとドキドキ・・・。

小川町ローラーすべり台スタート位置

係の人に背中を押され、一気に滑り出します!

私も滑りましたが、かなりスリルがあります。高さがあるし、ガタガタ揺れるので結構怖い・・・。

子どもは何回も楽しそうに滑っていました。無料だったので、たくさん滑れて助かりました〜!通常は小中学生でも100円かかりますからね。

小川町見晴らしの丘公園展望台

天気が良いので、展望台にも登ってみました。

小川町見晴らしの丘公園展望台からの景色

展望台も高い!風が強いと揺れるので、展望台もスリルがあります。気をつけて・・・。

小川町見晴らしの丘公園展望台から駅方面

展望台からは、小川町と秩父の山、さらには榛名山、赤城山まで見渡せます。

仙元山周辺は、登山やハイキングコースにもなっているので、ザックを背負った人もちらほら見かけました。

四季折々の自然や景色が楽しめるので、ふらっとドライブにもおすすめです。

小川町のおすすめ記事

「埼玉北部のさんぽみち」では他にも、小川町の記事を紹介しています!ぜひ参考にしてみてください。

小川町下里分校全体 のんのんびよりの舞台!小川町下里分校と分校カフェ「MOZART(モザート)」へ行ってきた 小川町わらしべ外観と道路 小川町の古民家カフェ「有機野菜食堂わらしべ」NHKふるカフェ系ハルさんの休日にも登場!店内の様子やメニューを紹介

仙元山見晴らしの丘公園の営業時間やアクセスなど詳細情報

住所埼玉県比企郡小川町大字小川1442
電話番号0493-73-1000(公園管理事務所)
営業時間3月~5月:9:45~16:30
6月~8月:9:30~17:30
9月~11月:9:45~16:30
12月~2月:10:00~15:30
定休日月曜(祝日の場合は開園)
12月29日~1月3日
小川町七夕まつり開催日
アクセス東武東上線・JR八高線「小川町駅」より徒歩40分
関越自動車道「嵐山小川IC」より車で12分
最寄り駅東武東上線・JR八高線「小川町駅」
駐車場あり(無料)
公式サイト仙元山見晴らしの丘公園公式サイト