Instagramも更新中です♪

【熊谷・おふろcaféハレニワの湯】リニューアルオープン!くつろぎの空間で極上のひとときを過ごしてきた

お風呂カフェハレニワの湯の暖炉・ソファ

熊谷市の温浴施設「おふろcafé bivouac(ビバーク)」が「おふろcaféハレニワの湯」として、2021年9月18日リニューアルオープンしました。

「カラダと心が晴れる庭」のコンセプトをもとに、7種類のお風呂やサウナ、充実した休憩エリア、野菜たっぷりのレストラン、キッズスペースなど、心身ともにリラックスできる施設です。

朝から夕方まで1日たっぷり過ごしてきましたので、館内のポイントや感想を紹介していきます!

お風呂カフェハレニワの湯外観

場所は熊谷市の国道17号線「久保島」交差点そば。「おふろcafé bivouac(ビバーク)」時代から何度か通っているのでなじみのある外観です。

お風呂カフェハレニワの湯看板

ハレニワの湯となった看板は、緑の葉っぱと温泉マークを掛け合わせたようなロゴに変更されていました。

お風呂カフェハレニワの湯・niko and...おふろバッグ

まずはフロントでチェックイン!

今回は館内着・バスタオル・フェイスタオル付きのフリータイム(大人・平日の場合1,530円)を利用してきましたよ。

お風呂カフェハレニワの湯フロント前休憩スペース
ハレニワの湯1階

エントランスから広がるラウンジを見渡すと、緑に囲まれたほっと安心感のある雰囲気。

裸足や靴下で自宅のようにくつろぎ、自由なスタイルで過ごせそうです。

「niko and …」プロデュースの館内着・おふろバッグ

フリータイムで利用するとアパレルブランド「niko and …」とコラボした館内着とおふろバッグが利用できます。

お風呂カフェハレニワの湯・niko and...コラボ館内着

ゆったりとしたポンチョ型の上着とズボンはブルー・イエロー・グリーンの3色で展開され、好きなカラーを指定できます。

サイズはユニセックスのみで、性別を問わずおしゃれに着こなせるデザインです。さらりとした心地よい生地の質でこれはお風呂上がりに着るのが楽しみになりそう。

お風呂カフェハレニワの湯・niko and...コラボ館内着のタグ

背中にはハレニワの湯オリジナルキャラクターで熊谷市にちなんだクマ「ハレクマちゃん」を発見!

市の花サクラと市の鳥ヒバリも一緒に施され、熊谷ならではのタグですね。

お風呂カフェハレニワの湯・niko and...コラボのバッグ

バッグは通気性の良いメッシュ素材。濡れても乾きやすく、タオルやおふろセットを入れるのにぴったりです。

7種類のおふろとオートロウリュサウナ

お風呂カフェハレニワの湯・浴室

清潔感のある浴室には、高濃度炭酸泉やジェットバス、サウナ、硫黄の湯など7種類のおふろを完備。

外湯は男湯・露天風呂、女湯・露天つぼ湯があり、気持ちの良い風とゆったりとした時間が過ごせます。

お風呂カフェハレニワの湯・キッズ風呂

ひよこのおもちゃが浮かんだキッズ風呂は、子どもが入りやすい浅い浴槽とぬるめのお湯。

子連れで利用しやすいうえ、楽しく入浴できるよう考えられていますね。親子で利用されているお客さんが多かったです。

お風呂カフェハレニワの湯のサウナ室内

サウナもしっかり入ってきました。室温70度前後でさほど息苦しくなくのんびり過ごせます。

ただ、1時間に1回熱したサウナストーンに自動で水が注がれるオートロウリュが稼働。これが結構な暑さで一気に熱波に包まれます!

どっと汗が噴き出し、蒸し器の中のよう。いい感じに仕上がり気持ちいいです。

お風呂カフェハレニワの湯・女湯露天

サウナで汗を流したら外気浴へ。

露天風呂近くのイスに座りぼーっと空を見上げると、爽快なリフレッシュ感が味わえます。国道沿いですが、壁が高いため騒音がなくとても静かです。

ハレニワの湯の館内での過ごし方

お風呂とサウナで体を温めたら、館内でゆったりとくつろぎましょう。

入浴後の時間をゆったり、贅沢に過ごせるようになっています。

お風呂カフェハレニワの湯の無料コーヒー

水分補給に用意されているのは、季節や気候ごとに変わる5種類のデトックスウォーターと挽きたてコーヒー。無料で利用できます。

お風呂カフェハレニワの湯の暖炉・ソファ

暖炉エリアには、大きめのソファやクッション、ハンモックなど様々な休憩スペースと癒しグッズが充実。極上のくつろぎスペースです。

お風呂カフェハレニワの湯の館内着

暖炉の炎を見つめながら、niko and …の館内着でゴロゴロ・・・。

館内着は締め付け感がなく、伸縮性があって動きやすい。丈が長いので露出が少なく、肌着が透けにくいので人前でも安心です。

お風呂カフェハレニワ2階休憩スペース

棚には約8,000冊のコミックや雑誌。大きめのソファに寝転びながら読み放題です。

お風呂カフェハレニワの湯おやすみスペース

眠くなってきたら仮眠室へ。部屋は男女共用と女性専用があり、女性1人でも気兼ねなく過ごせました。

ブランケットが用意されているので、寒さ対策も万全でしたよ。

野菜を楽しむレストラン!ハレニワ食堂

お腹が空いたら2階のレストラン「ハレニワ食堂」へ行ってみましょう。

野菜中心の農園カフェとして、全メニューをリニューアルしています。

お風呂カフェハレニワの湯レストラン

営業時間は、平日・日曜11:30~23:00(L.O. 22:00)、土・祝前日11:30~23:30(L.O. 22:30)。お風呂の営業時間とは異なるのでご注意ください。

お風呂カフェハレニワの湯レストランのキッズスペース

店内奥にはキッズスペース。テント内におもちゃや絵本が置かれ、子連れで食事しやすい環境が整っています。

メニューは野菜中心の5種類から選べるメインメニューや野菜たっぷりのご飯・丼もの・麺類など。食材には熊谷の野菜を取り入れています。

野菜が苦手なお子さん向けに考えられた「キッズプレート」も用意されていますよ。

お風呂カフェハレニワの湯デザートメニュー

鉢植え風のフルーツパフェ「HACHIUE(はちうえ)」やティラミス・プリン・杏仁豆腐などデザートも揃えています。

お風呂カフェハレニワの湯のパワーサラダ

注文したのは「パワーサラダ」。低温調理のムネ肉と食べごたえのある野菜がたっぷり。2種類のドレッシングが付いています。

ハレニワ食堂のメニューはこちら★ハレニワ食堂

お風呂カフェハレニワの湯入口

1日過ごしてみて、お風呂やサウナ以外にも癒やしがちりばめられた極上の空間でした。日頃の疲れを癒やしに、友人との語らいに、おすすめの施設です。

おふろcaféハレニワの湯 施設情報

  • 住所:埼玉県熊谷市久保島939
  • 電話番号:048-533-2614
  • 営業時間:10:00~翌朝9:00
    ※9月30日までは10:00~20:00、朝風呂5:00~9:00
  • 電車でのアクセス:JR籠原駅より徒歩約20分/JR熊谷駅よりバス35分「高柳」バス停下車徒歩5分
  • 車でのアクセス:関越道東松山ICより約25分/花園ICより約20分
  • 駐車場:無料

ハレニワの湯の入館料金

料金はフリータイム・時間制・朝風呂と、コースごとに設定されています。

お風呂カフェハレニワの湯・入館料金

大人料金は中学生以上、小人料金は中学生以下。税込み価格で記載しています。

フリータイム入館

10:00〜翌9:00まで。館内着・タオル付きのプランです。(未就学児の館内着なし)

通常会員深夜料金
大人1,530円1,330円1,320円
小人765円665円1,320円

土日祝日、繁忙期は通常料金に大人200円・小人100円追加。

会員(入会220円)になると大人200円・小人100円引き。

深夜2:00~5:00の間は追加料金が必要。小人は保護者同伴です。

時間制コース

10:00〜深夜2:00まで(受付終了は1:00)。館内着・タオルなしプランです。

60分90分120分
大人550円750円850円
小人275円375円425円

土日祝日、繁忙期は通常料金に大人+100円、小人+50円。

朝風呂入館

5:00〜9:00まで(受付終了は8:30)。館内着・タオルなしプランです。

大人550円
小人275円

土日祝日、繁忙期は通常料金に大人+100円、小人+50円。

おすすめ関連記事

おふろcafe 白寿の湯入口 埼玉・神川町「おふろcafé白寿の湯(はくじゅのゆ)」へ行ってきた!漫画を読みながら個室でまったり おふろカフェビバーク上から 【おふろcafé bivouac(ビバーク)】ボルタリングやテント過ごすアウトドアな空間!