温泉が湧くおふろカフェ!神川町「おふろcafe白寿の湯」へ行ってきた

大宮の「おふろcafe utatane(うたたね)」熊谷の「おふろcafe bivouac(ビバーク)」と埼玉県内で3つ目のおふろカフェ、神川町の「おふろcafe白寿の湯」へ行ってきました。

2016年10月に「白寿の湯」から「おふろcafe白寿の湯」へリニューアルオープン!
特徴的な温泉が少ない埼玉県内で「白寿の湯」時代からその泉質が良いという噂は聞いていたものの、場所が遠くてなかなか来られず。今回ようやく初訪問。

白寿の湯は子連もOK。幼稚園児の息子を連れて半日過ごしてきました。

 

コンセプトはおふろ×cafe×糀

埼玉県神川町(かみかわまち)。分かってはいたものの自宅からは遠かった。。
車で聴いていたNACK5の電波もいつの間にか届かなくなりました。

白寿の湯近くを群馬県との県境の神流川が流れます。向こう岸は群馬県藤岡市。

山に囲まれた周辺の景色。温泉にきたぞ!的な雰囲気漂うのどかさ。

駐車場は広く、第1と第2があります。
この日は平日だけど年末年始ということもあり、建物に近い第1は満車。

埼玉県外のナンバーも多く、アクセスが良い土地ではないのに評判はよさそうです。

「糀」をテーマをしているだけあって入口には醤油樽らしきモノが。

エントランスに入るとアロマの良い香りが漂ってきます。さっそく癒やされモード。
靴は下駄箱に入れ、下駄箱の鍵と館内精算用のリストバンドを引き換えるシステムです。

料金表と営業時間はこちら。

光の差す渡り廊下沿いにはウッドデッキの「露天涼み処」。
風が強いので誰も外にいませんでしたが、寒い日は設置された野外暖炉に火がつくそうです。

おふろへ

まずはおふろに行かなくちゃ。
階段またはエレベータで2階の浴室へ。

女湯、男湯の2種類。貸切風呂はなし。
脱衣所はおそらくリニューアル前とほぼ変わらず、ちょっと古くて狭いロッカーに荷物を入れます。いざ温泉へー!

※画像は公式HPから。

浴槽は内湯と露天風呂、シンプルに2種類。

温泉の源泉はナトリウム、塩化物強塩泉。保温効果が高く冷え性や疲労回復などに効果があるのだそうです。確かに入浴後も体がぽかぽか。
強烈なインパクトなのが茶色い床。濃厚な温泉成分が固まったもので、足裏がゴツゴツした感触です。

ちょうど係の人が浴槽温度を測っていて、内湯42度、露天38度くらい。掛け流しではなく加熱しているそうですが良い湯加減でした~。
埼玉県の温泉というと湯量や温度が足りなくて、カルキ臭のする浴槽が多い。白寿の湯も循環式ではあるけれど、源泉が濃く上質なお湯。

女性浴室限定。糀入りの泥パックが無料で試せます。
ただ、湯船に泥パックが触れるのはダメ。常連客ぽいおば様に「パックは湯船に入れないでね!」とチクリと言われちゃったので注意(汗)

うたたね処 宵月

温泉効果で体がぽかぽか。ほぐされて、だるくて、一気に眠気が。。
ゴロ寝ができる畳の部屋で親子揃って2時間近く爆睡。
清潔感のある貸し出し用毛布もあるので安心です。

くつろぎ処 葉隠

仮眠して元気になったら今度はお隣のくつろぎスペースへ。
快適空間とあって、なかなか混雑しています。

おふろカフェビバーク」にもあるポンドソファはここでも大人気。

天井まで延びる本棚にはあらゆるジャンルの漫画本がぎっしり。1万冊の漫画と雑誌が用意されているので読みたい放題。
子ども向けの絵本は見当たりませんでしたが、息子は「ドラえもん」を読んで静かに過ごしてくれました。。

部屋全体がセンスの良い家具やソファで統一され、気持ち的にもまったり。
フリーWi-Fi、無料マッサージ機、テレビもあって至れり尽くせり。

こちらは、2段に分かれた隠れ的な寝転びスペース。一人の空間を楽しみたい人向け。

我々親子はハンモックでゆらゆら~。

こちらもおふろカフェおなじみ、無料のコーヒーサービス。

食事処 寝かせ玄米と糀料理俵屋

お腹が空いたら食事もできる。健康をテーマにした食事がいただけます。

売店

入口近くの売店にも健康志向の食品が多数揃います。
「寝かせ玄米ごはん」や地元神川町の「ヤマキ醸造」の醤油、味噌などが置いてあります。

日本各地のサイダー、ラムネ、コーラなどの炭酸飲料も揃っています。

沖縄の「塩サイダー」、小豆島の「醤油サイダー」、長崎の「かすていらサイダー」、静岡の「WASABIジンジャーエール」など。
埼玉は「大宮盆栽だー!」という微妙なネーミングの商品もあり、眺めているだけで楽しい。

温泉も良いし、くつろぎスペースも快適でした。
同系列の施設では「おふろcafeビバーク」と「玉川温泉」へも行きましたが、個人的には今回の「白寿の湯」が一番良かった!温泉が恋しくなったらまた行きます。

おふろcafe白寿の湯 施設情報

  • 住所:埼玉県児玉郡神川町渡瀬337-1
  • (車)アクセス:関越道本庄児玉ICから約25分
  • (電車・バス)アクセス:本庄駅南口、または丹荘駅からバス「下渡瀬」で下車(1時間に1本程度)
  • 電話:0274-52-3771
  • 営業時間:10:00~23:00
  • 休館日:なし
  • 駐車場:無料
  • HP:http://ofurocafe-hakujyu.com/