【ムーミンバレーパーク】ムーミン物語の世界が楽しめる!森と湖に囲まれた埼玉の北欧を現地レポ

エンマの劇場ポーズ

飯能市の「メッツァ」にある「ムーミンバレーパーク」は世界初のムーミンのテーマーパーク。

宮沢湖を中心とする自然や森が舞台となり、ムーミン谷で仲良く暮らす仲間との物語を体験できます。

メディア向け内覧会へ参加してきましたので、ムーミンバレーパークの見どころを紹介していきます。

メッツァイベント広場2 【メッツァビレッジ】北欧雑貨やグルメを満喫!飯能の自然に囲まれた北欧のテーマパーク

ムーミンバレーパーク園内・アトラクション

メッツァのもう一つの施設「メッツァビレッジ」を通り抜け、宮沢湖を眺めながら一本道を進むと、ムーミンバレーパークが見えてきます。

ムーミンバレーパーク入口

ムーミンバレーパークエントランスには、大きな本のオブジェが登場。表紙にはムーミンたちを型どったゲートになっています。

「ムーミンの物語にようこそ」と伝わるようで、撮影スポットにもぴったりです。

ムーミンバレーパークゲート

本のゲートは全部で4つ。ムーミン、スノークのおじょうさん、スナフキン、リトルミイ、ムーミンママ、ムーミンパパ、ニョロニョロなど、ムーミン谷の仲間達が勢揃い。

他にもキャラクターがこっそり隠れていますので、探してみてくださいね。

ムーミン屋敷

ムーミン屋敷外観

入口からさらに進むと「ムーミン谷エリア」に到着します。

まずは、ムーミンバレーパークのシンボルとなっているムーミン屋敷へ。1デーパスの場合はガイド付きツアーに参加できますよ。

ムーミン屋敷地下室

ムーミン屋敷はムーミンパパが設計した理想の家。タイル張りのストーブ、ムーミンパパが毎朝ネジを巻く時計、ムーミンやミイの部屋など、細部にわたり物語を再現しています。

ムーミン屋敷ムーミンパパの時計
ムーミンパパが毎朝ネジを巻く時計

フィンランドを中心に買い付けた調度品やおしゃれな壁紙など、インテリアへのこだわりが感じられます。

ムーミン屋敷パパとママの写真
ムーミンパパとママの写真
ムーミン屋敷ムーミンパパママの部屋

ムーミン一家の貴重な様子を話してくれるガイドさんの案内は聞き逃せません・・・!物語を想像しながら楽しめますよ。

エンマの劇場

エンマの劇場

ムーミン屋敷前にあるエンマの劇場では、1日3回ムーミンたちによるショーが無料で上演されます。

エンマの劇場ポーズ

今回は約30分のショー「楽しいムーミン一家〜春のはじまり」を観覧しました。

次第に物語に入り込み、最後は「どうなっちゃうの!?」とドキドキ!かわいらしいムーミンたちの歌や踊りにも注目です。

海のオーケストラ号

海のオーケストラ号外観
海のオーケストラ号
海のオーケストラ号ガイド

海のオーケストラ号は、ムーミンの物語「ムーミンパパの思い出」を基にした、若き日のムーミンパパの冒険のお話。

海のオーケストラ号

壁や床一面に映像が映し出され、ダイナミックな演出に引き込まれます。

飛行おにのジップラインアドベンチャー

飛行おにのジップラインアドベンチャー
飛行おにのジップラインアドベンチャー

飛行おにのジップラインアドベンチャーは、ムーミンの物語に登場する「黒ひょうに乗った飛行おに」をイメージ。森の中に張ったワイヤーの滑車で往復400メートルの湖を一気に飛ぶスリル満点のアトラクションです。

飛行おにのジップラインアドベンチャーゴール

ドキドキしながらも体験!湖を駆け抜ける疾走感や景色が最高です。

「飛行おに」の気分を味わいたい方はぜひ体験してみてくださいね。

※身長・体重制限があり、乗車時に安全保護具(ハーネス)やヘルメットの装着ができる人に限ります。(身長は120cm以上190cm未満、体重は30kg以上100kg未満)。

ムーミンバレーパークのレストラン・カフェ

歩き回ってお腹がすいたらレストランやカフェへ。ムーミンの物語やキャラクターをモチーフにしたインテリアやメニューが楽しめます。

ムーミン谷の食堂

ムーミン谷の食堂全体

ムーミン谷の食堂では、色とりどりの花火が上がる中、パーティーが行われる空間をイメージ。幻想的な夜の森で開かれるパーティーに、自分も参加しているようなひとときが過ごせます。

ムーミン谷の食堂座席

壁にはムーミン谷の仲間たちも登場しますよ。

ムーミン谷の食堂メニュー

主なメニューは、スウェーデンの家庭料理をベースにした「ヤーコブさんの空飛ぶシチュー(税抜1,300円)」、スナフキンの帽子をイメージした「緑の帽子パスタ(税抜1,200円)」など。どれも北欧やムーミン物語の世界観を感じるものばかり。

ムーミン谷の食堂彗星ハンバーグ
ムーミン谷の彗星をイメージした「彗星ハンバーグ」(税抜1,500円)

パンケーキレストラン

パンケーキレストラン

はじまりの風をイメージしたムーミン谷の仲間達が大好きなパンケーキを食べられるレストラン。

湖の目の前にありテラス席からの眺めは抜群です。

パンケーキレストランテラス席
湖が一望できるテラス席

ムーミンショップやお土産

展示施設「コケムス」1階にある「ムーミン谷の売店」は売場面積・商品数が世界最大のムーミンショップ。

ムーミンバレーパークの限定グッズを揃えているので、ぜひ訪れてみてください。

ムーミン谷の売店全体

日本初となるムーミンバレーパーク限定のアラビアマグをはじめ、輸入雑貨、衣料品、お菓子など、あらゆるムーミングッズが並んでいます。

ムーミン谷の売店ぬいぐるみ

店内中央には「ムーミン谷の彗星」でムーミンたちが立ち寄った、森の売店をモチーフにした白い花が散りばめられた大きなツリーが出現。ムーミン物語の世界観が感じられます。

ムーミン屋敷缶クッキー

ムーミンバレーパークのお土産や訪れた記念に、お気に入りの品物を探してみてください。

ムーミン屋敷ジオラマ

他にも、吹き抜け空間に広がる8mを超える世界最大のムーミン谷のジオラマおさびし山の森にあるヘムレンさんの遊園地やアスレチックなど、まだまだ見どころがたくさん。

宮沢湖沿いのベンチには、ムーミンの物語のセリフが紹介されていたり、物語のシーンが再現されている場所があり、自然に親しみながら追体験ができるのも魅力的です。

都心からは電車で約1時間で行くことができるムーミンバレーパーク。自然豊かな空間でムーミンの物語を体験したくなったら、ぜひ訪れてみてくださいね。

ムーミンバレーパーク施設情報

埼玉県飯能市の宮沢湖にあります。カーナビの場合は「メッツァ駐車場」入口の「宮沢27-44」と入力するのがおすすめです。

  • 住所:埼玉県飯能市宮沢431-3-58
  • 営業時間:10:00〜20:00
  • 休館日:不定休、公式サイトに随時掲載

ムーミンバレーパークへのアクセス

電車と路線バス、直行バス、車、自動二輪車、自転車で行けます。

  • 車でのアクセス:圏央道「狭山日高IC」から約12分
  • 電車・バスでのアクセス:西武池袋線飯能駅とJR東飯能駅からバスで約13分
  • 直行バス発着駅:東京駅、新宿駅、南越谷駅(大宮駅経由)

駐車場・駐輪場料金

  • 駐車場:平日は無料、土日祝は最大1,500円(500円/1時間)
  • 駐輪場:全日無料(収容台数30台)
  • 自転車:全日無料(収容台数95台)

ムーミンバレーパークの入園・有料施設料金

1デーパスのみで園内を利用できます。

ムーミンバレーパークの新チケット料金

1デーパスはおとな(中学生以上)の場合、3,200円。こども(4歳以上小学生以下)は2,000円です。

メッツァビレッジインフォメーションでも1デーパスの購入が可能。

ムーミンバレーパーク公式オンラインチケット(前売り)の購入方法

おすすめ関連記事

エンマの劇場ポーズ 【ムーミンバレーパーク】ムーミン物語の世界が楽しめる!森と湖に囲まれた埼玉の北欧を現地レポ ムーミンバレーパーク・ニョロニョロの雷スプラッシュ ムーミンバレーパーク『SUMMER ART FESTIVAL』開催!スカイアンブレラやムーミン谷の雲海、水遊びが楽しめる