埼玉・飯能に北欧のライフスタイルが満喫できる「メッツァビレッジ」オープン!

メッツァイベント広場2

こんにちは!
埼玉北部のさんぽみち(@saitama_sanpo)です。

飯能市にムーミン物語が運営するメッツァビレッジがオープンしました。

メッツァは、緑豊かな湖畔の森で北欧のライフスタイルが体験できる場所。北欧の食べ物やものづくり、アクティビティに触れながら過ごすことができます。

オープン前の内覧会へ行ってきましたので、テナントやアクティビティなど、どのように過ごすことができるのか紹介していきますね。

※施設・テナント情報は2018年11月時点のものです。

北欧文化を体験できるメッツァビレッジ

メッツァ駐車場入口

メッツァは、今回オープンしたメッツァビレッジと、2019年3月にオープンするムーミンバレーパーク2つの施設から構成されています。

メッツァがオープンする前から、北欧文化とつながりを持っている飯能市。

市内には、ムーミンの世界をモチーフにした公園「トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園」や公園内の北欧風カフェ「Cafe PUISTO(プイスト)」があります。緑豊かな土地なので、北欧の雰囲気を重ねやすいのかもしれませんね。

メッツァエントランスロード

入口から続く一本道は、まるで森の中を歩いているよう。森林の香りを感じながら進むと建物が見えてきました。

マーケット棟

メッツァマーケット棟

入口から一番近いの建物がマーケット棟。営業時間は10:00〜20:00です。

1階がカフェと食品、2階が北欧ブランドのセレクトショップという構成。

マーケット棟の様子やテナントを1階から紹介していきますね。

武蔵利休

武蔵利休

狭山茶の自社茶園を持つ「新井園本店」が運営している和スイーツのお店。お茶屋さんだからこそできる贅沢な抹茶メニューが揃っています。

武蔵利休メニュー

metsä cafe(メッツァカフェ)

メッツァカフェ

メッツァオフィシャルのカフェ。雑貨の他にサイフォンで淹れるコーヒーや紅茶、ホットドックなど軽食、ケーキなどのデザートを販売しています。

メッツァカフェメニュー

ベジタワー

メッツァベジタワー

メッツァビレッジ近くの農園や飯能市内で収穫された野菜を販売。野菜ソムリエが対応してくれる頼もしいお店です。

Moi Saitama(モイサイタマ)

MoiSaitamaお土産

丸広百貨店がプロデュースする食のセレクトショップ。狭山茶、地酒、埼玉銘菓などが並んでいます。お土産にちょうどいいですね。

biokia smoothie

biokiaスムージー

北欧で育てられた無農薬ベリーを使った世界初のスムージー専門店。栄養価が高いといわれている北欧のベリーパウダーも販売しています。

biokiaスムージーメニュー

スムージーは一律で680円(税込)。味はリンゴ、ビルベリー、クランベリー、シーバックソーンが用意されています。

LAAVU

メッツァLAAVAU

北欧雑貨を販売していますが、ちょうどフィンランドサウナの紹介をしていましたよ。異文化に触れながらショッピングが楽しめます。

ショコラフィンランド

メッツアChocolatFinland

フィンランドから集めた個性的なチョコレートブランドを販売しています。メルセデスショコラトリー、クルタスクラー、ダンメンベルグ、グーディオなど。

SAIBOKU(サイボク)

サイボク

養豚牧場運営から生産・販売まで一貫して行っている日高市のサイボクが出店しています。

サイボクメニュー

メニューは、フランクフルト、ウインナーカップ、豚まんなど、ドリンク以外は全て肉料理です。さすが、サイボク。

TRE

メッツァTRE

マーケット棟の2階は、北欧からの直輸入アイテムが揃う北欧雑貨のセレクトショップ。

TREは、フィンランドや北欧のライフスタイルを紹介しているショップ。メッツァビレッジのTREが日本初店舗です。

marimekko(マリメッコ)

marimekko

代表的な北欧ブランド、マリメッコの売り場スペースは一番広く、色鮮やかな花柄デザインがパッと目を惹きますね。

marimekko雑貨

marimekkoトート

マリメッコでは食器、ペーパーナプキン、クッション、スリッパ、バッグなど雑貨を販売しています。洋服などの衣類はメッツァビレッジにはありませんでした。

北欧食器

他にも多くの食器や雑貨が販売されています。

北欧好きにはテンション上がる雑貨がずらり!こんなにも北欧雑貨が揃っているショップは日本では珍しいと思います。

  • GOLLA:アパレル※12月30日までの期間限定ショップ
  • Denmark mobile(デンマークモビール)
  • Nordic christmas (ノルディッククリスマス)
  • Finlayson(フィンレイソン)
  • Nordic Design(ノルディックデザイン)
  • EERO AARNIO ORIGINALS(エーロ・アールニオ・オリジナルズ)
  • SOPIVA HOKUOU(ソピバ・ホクオウ)
  • ROYAL COPENHAGEN(ロイヤルコペンハーゲン)
  • ARABIA(アラビア)
  • iittala(イッタラ)
  • Nordika nisse(ニッセ)

SOPIVAHOKUOU 北欧雑貨2

レストラン棟

ヴァイキングホール入口

レストラン棟は、その名のとおり飲食店だけが入っています。

マーケット棟とレストラン棟はつながっているので、移動するのも便利。営業時間は10:00〜21:00です。

農家が作る tomateria GOTO

農家が作るtomateriaGOTO

メッツァに出店するために開発された、丸ごとトマトを中心にしたパスタやオムライスが食べられるお店。店内だけでなく、テイクアウトあります。

農家が作るtomateriaGOTOメニュー

メニューがこちら。さすが、トマトを使ったメニューが多いですね。

らーめん AFURI

らーめんAFURI客席

北欧なのにラーメン?と思うかもしれませんが、AFURIのラーメンは、神奈川県の大山(阿夫利山)の天然水でスープを仕込んでいるそうで、メッツァの自然と通じるものがあります。

白い壁や照明が北欧スタイルのおしゃれな店内。撮影は店員さんがピシッとキメてくれました。

らーめんAFURIメニュー

AFURIのメニューがこちら。麺は、全粒粉、こんにゃく麺、真空手揉み麺の3種類から、鶏油は淡麗か、まろ味か選ぶことができます。

AFURI柚子塩らーめん

店員さん聞いた一番のおすすめ「柚子塩らーめん」を注文。

柚子の香りがスープにたっぷり染み込んでいます。柑橘系のすっきりとした後味で女性もスルッと食べられそうです。

AFURI醤油らーめん

柚子塩ラーメンの次におすすめという「醤油らーめん」もいただきました。

こちらも、あっさりめの醤油スープ。ベーシックなラーメンが食べたい人におすすめですよ。

ROBERT’S COFFEE(ロバーツコーヒー)

ROBERT’S COFFEE店内

フィンランドは世界で一番コーヒーの消費量多い国。そのフィンランドで最大のカフェチェーンがロバーツコーヒーです。

メッツァビレッジが関東初出店!北欧直輸入の豆を使用したコーヒーや焼きたてのシナモンロールなどが揃っています。

ROBERT’S COFFEEメニュー1

ROBERT’S COFFEEメニュー2

ロバーツコーヒーのメニューがこちら。店員さんによると、クラシックコーヒーはもちろんですが「ミントチョコレートラテ」もおいしいですよとのこと。

ROBERT’S COFFEEコーヒー

メッツァビレッジは入場無料なので、気分転換にコーヒーを飲みに来るのもいいですね。

ハンバーグの時間

ハンバーグの時間店内

ハンバーグの専門店。厳選した素材は地産地消にこだわり、12種のソースを用意しているとのこと。テイクアウトもあります。

ハンバーグの時間メニュー

ハンバーグの時間のメニューがこちら。子ども用には「お子様ハンバーグ」がありますよ。

ONE MORE BITE

ONE MORE BITE店内

ソフトクリームのお店。シンプルなソフトクリームだけでなく、焼き菓子を乗せたオリジナルソフトクリームを販売しています。

ONE MORE BITEメニュー

ワンモアバイト、ツーモアバイト、ギルティプレジャー・・・と焼き菓子やトッピングを追加するごとに、豪華になっていきます。

ONE MORE BITEツーモアバイト

焼き菓子とトッピングを追加した「ツーモアバイト」がこちら。ソフトクリームにフィナンシェ乗せです。こんな食べ方初めて!

LAGOM(ラーゴム)

メッツァLAGOMカウンター

レストラン棟の2階にはオープンサンド専門店「LAGOM」が入っています。

高い天井と仕切りのないフロアにテーブルが置かれ、フードコートのような空間です。置かれているテーブルやイスを見るとIKEAの商品。同じ北欧のデザインで合わせているのかもしれませんね。

メッツァLAGOM客席

窓際に座って湖を眺めながら食事をすることもできます。

メッツァLAGOMメニュー

LAGOMのメニューはスモーブロー(北欧風のオープンサンド)とドリンクのセット。

メッツァLAGOM日替りスモーブロー2

スモーブローセットはボックス入りなので、外へ持ち運ぶこともできます。湖畔に座りピクニック気分で食べるのもよさそう・・・!

この日のオープンサンドイッチは、サーモン&エビと、ブロッコリー&アスパラ。パンの上には新鮮な素材が盛りだくさんです。

メッツァLAGOMサーモン

クラフトビール&グリル(屋外レストラン)

メッツァクラフトビール&グリルキッチンカー

マーケット棟とレストラン棟の奥へ進むとキッチンカーが並んでいます。

メッツァキッチンカー

キッチンカーは全部で4台。それぞれ、軽食やビールなどを販売しています。

メッツァ屋外レストラン客席

湖に向かってイスが置いてあるので、座って食事を楽しめます。目の前には湖だけという贅沢な空間。

メッツァNordicFoodsメニュー

メッツァSeasonalSuggestionsメニュー

メッツァビール&スナックメニュー

ミートボールワッフル

ミートボールワッフルをいただきました。ワッフルにチーズを絡ませたミートボールが2つ入り。お肉とチーズで体が温まるので、寒い季節にはぴったりです。

ビール飲み比べセット8種類と湖

ビール8種類の飲み比べセットも販売しています。ビール好きにはたまりませんね。

ビールと湖

ワークショップに参加してみよう

メッツァワークショップスペース

メッツァビレッジでは子どもと大人が楽しめるワークショップを開催しています。

メッツァワークショップスペース室内

メッツァワークショップ

この日は、北欧スウェーデンの伝統工芸品で「幸せを呼ぶ馬」といわれる「ダーラヘスト」の絵付けするワークショップでした。

本体には飯能市の西川材を使用し、まさに日本と北欧のコラボですね。

メッツァビレッジでカヌー体験!

メッツァカヌーレンタル受付

メッツァビレッジの湖ではカヌーに乗ることができます。せっかくの機会なので体験してきましたよ。まずはカヌーの受付をします。

メッツァビレッジのカヌー体験料金

金額はカヌーを1時間乗った時の料金です。

  • 中学生以上:2,000円
  • 小学生:1,000円
  • 小学生未満:500円※大人と一緒に乗った時は無料

メッツァカヌー乗り場桟橋1

ライフジャケットを着用し、漕ぐ時に使うパドルを渡されます。そして、桟橋にへ。カヌーに乗るのは初めてなので緊張・・・!

メッツァカヌー漕ぎ方1

でも、大丈夫!カヌー経験者のスタッフさんが丁寧に漕ぎ方を教えてくれましたよ。

今回は2人で乗りましたが、本当は1人で漕いだ方がバランスが保てるのでいいそうです。

メッツァカヌー体験1

カヌーに乗り込むとゆらゆらグラつきますが、慌てず落ち着きましょう。最初はドキドキしながら漕いでいましたが、徐々に慣れてきます。

というのも風に当たりながら湖の上に浮かんでいると、自然と体がリラックスしてくるんですよね。何も考えず揺られて過ごすのもいいなー。

メッツァカヌー体験2

子どももカヌーに乗ることができます。親子で体験するのもいい思い出になりそうです。

メッツァへのアクセス・駐車場

最後に、メッツァへの行き方と駐車場情報を紹介します。車やバスで行く時の参考にしてみてくださいね。

車で行く場合のアクセス

  • 狭山日高ICから約12分
  • 青梅ICから約30分
  • 飯能駅北口から宮沢湖入り口まで約10分

住所は、〒357-0001 埼玉県飯能市宮沢27-1 です。

メッツァの駐車場

メッツァ立体駐車場

立体駐車場と平面駐車場が用意されています。

駐車場は事前に1日料金でwebで予約が可能。確実に駐車したい、1日中過ごしたい時はweb予約がおすすめです。

  • 平日料金:1,500円
  • 土日祝料金:2,500円

もし、お茶やランチをするだけの場合は、予約なしの時間貸しを利用するのがいいかもしれません。ただ、時間貸しの場合、満車だと駐車できないので注意が必要です。

  • 平日料金:1時間600円〜
  • 土日祝料金:1時間1,000円〜

さらに詳しい情報はメッツァ公式ページで確認してください。

メッツァバイク駐車場

バイク用の駐車場は予約なしで利用できます。

  • 平日料金:500円
  • 休日料金:1,000円
  • 利用台数:30台

メッツァ駐輪場

自転車の駐輪場も予約なしで利用可能です。バス停近くに用意されています。

  • 料金:無料
  • 利用台数:95台

メッツァへバスで行く場合のアクセス

メッツァバス乗り場飯能駅北口

西武池袋線飯能駅とJR八高線東飯能駅(土日祝日のみ)からバスが出ています。

それぞれの駅からの所要時間は約10分、料金は片道200円です。

時刻表はメッツァ公式ページに掲載されていますのでご確認くださいね。

メッツァバス乗り場待合室

バス停の近くには無料の待合室とトイレがあります。待合室の座席比較的広く、席数も多いですよ。

メッツァビレッジで過ごしてみて

メッツァイベント広場2

メッツァビレッジでは、北欧の食事や雑貨に触れ、アクティビティも体験できる貴重な場所。日本からはるか遠い国の文化が体験できる魅力的なおでかけスポットです。

そして、なんといっても豊かな自然がメッツァ最大の魅力。街で見慣れた高い建物や電線はない。湖畔のイスにもたれると、目の前には穏やかな湖と森と空が広がります。

ここへ来たら携帯の電源をオフにして過ごしてみるのもいいかもしれませんよ。

メッツァイベント広場撮影スポット

メッツァビレッジからは、建設中のムーミンバレーパークの様子をうかがうこともできます。ムーミンバレーパークは、ムーミン一家も登場しますよ。

2019年3月のオープンを楽しみに待ちたいと思います!

メッツァ周辺のおすすめ記事

北欧風カフェ「Cafe PUISTO(プイスト)」がトーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園内にオープン! トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園の施設情報