北欧風カフェ「Cafe PUISTO(プイスト)」がトーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園内にオープン!

埼玉県飯能市にオープン予定のムーミンのテーマパーク「metsa(メッツア)」。

メッツアから車で20分ほどの場所に、ムーミンの作者トーベ・ヤンソンの世界をモチーフにした公園「トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園」があります。

その園内にカフェ「Cafe PUISTO(プイスト)」がオープンしたとのことで行ってきました。北欧の雰囲気に包まれた店内やメニューをご紹介していきます。

トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園へ

飯能市の「トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園」に到着したのは8時半頃。来たのは2回めで、今回は息子と2人です。

日曜日だったこともあり、9時の開園を待つ人がたくさんいました。

入口から坂を登り森の中の公園へ。奥武蔵に位置する飯能市周辺は登山やトレッキングコースがあるほど自然豊かな場所。

園内は緑が多く木陰が多いので、シートを敷いて1日中過ごす子連れファミリーが多いです。

こちらは大人気の「きのこの家」!子どもは「ムーミンのおうち」とも呼んでいるようで、中に入ることもできるんです。

木陰にはニョロニョロのベンチ。

Cafe PUISTOの外観

入口から歩いてきて、きのこの家とニョロニョロベンチを過ぎるとカフェが見えてきます。

北欧テイストのあざやかな青い建物です。

店名のPUIST(プイスト)とはフィンランド語で「公園」の意味。コンセプトは「人と地域がつながり、ゆっくりと北欧時間が流れる場所」だそうで、まさにこの公園の雰囲気にピッタリ。

四角だけでなくちょっとゆがんだ窓枠もおしゃれに見える。

オープンが10時なので、しばらく写真を撮りつつ待ちます。

店員さんがテラスに席を作っていました。席にはテーブルが4つ、イスが10脚出ていました。気候が良いときは外でお茶するのもよさそうです。

店内の様子

10時になりいよいよ店内へ!土足ではなく靴を脱いで入ります。

天井から床まで木のぬくもりが溢れる店内!飯能の名産品である「西川材」で仕上げたこだわりの木材です。

1階の座席は、2人がけのテーブルが8つ並んでいました。

イスはフィンランドから届いたエコファーンのエコチェア。木とロープだけで組み立てられたもので、北欧らしい環境に配慮した製品なんだそうです。

見た目は固そうなですが、座ってみると意外と体にフィットして気持ちいい。背もたれが長いので頭まで付けてリラックスできてゆったり。

奥には人工芝が敷かれたキッズルームにはおもちゃで遊ぶことができます。
息子はさっそくキッズルームの住人に。全く席に戻ってきませんでした(笑)

キッズルーム横の階段を上るとカウンターに6席。2階にも窓が付いているので光が十分入ります。

壁には北欧のポスターや写真。ポスターは全て北欧グラフィックの巨匠エリック・ブルーン氏の作品で揃えているそうです。

お店オリジナルの豆も販売されています。

横のガムシロとミルク入れをよく見るとアラビアのマグボウル・・・!

メニュー

メニューは市内の農産物を活用したもので、北欧料理のオープンサンドをメインとしてデザートにタルトを用意。全メニューがテイクアウト可能とのことです。

スモーブローランチプレート(サラダ、キャロットラペ付き)

オープンサンドのセット。4種類ありドリンクが付くセットと単品を選びます。

  • ピンキ(りんごのスライス、ビーツのクリームチーズとリコッタチーズのオープンサンド)
  • ヴィヘルシュ(アボカドトースト)
  • テリヤキ(テリヤキチキンとマッシュポテト、卵のオープンサンド)
  • へデルマ(フルーツのオープンサンド)

デザートセット

3種類あり、こちらもドリンクが付くセットと単品を選びます。

  • ヴィオレッティ(ブルーベリーのタルト)
  • ルスケア(チョコレートケーキ)
  • プナイネン(フレッシュ2ベリータルト)

スムージー

  • カウネウススムージー(イチゴ・リンゴ・ビーツ)
  • 飯能ハルベスト(季節の野菜・バナナ・レモン・豆乳)
  • メッツアンアルモスムージー(ビルベリー・ブルーベリー・ヨーグルト)
  • ドリンク14種類

注文はレジで注文と支払いを済ませ、番号札を受け取るシステム。混んでいる時は先に座席を確保してからレジに並ぶのがいいようです。

注文したのはこちら

ヴィヘルシュア(アボカドトースト)

イッタラのプレートに乗ってきました。店員さんに聞くと食器は北欧ブランドで統一されているとのこと!

パンにマーマレードを塗り、その上にスライスしたアボカドと香辛料。アボカドは中玉の半分くらいたっぷり乗せてあります。

付け合わせのベビーリーフのサラダとキャロットラペは味付けがさっぱりで食べやすい。

マーマレードとアボカドって合うんだ・・・と新発見!今度家でもやってみようかしら。

セットのホットコーヒー

プナイネン(キウイのタルト)

通常は「フレッシュ2ベリータルト」のところ、今回は仕入れが間に合わないとのことでキウイのタルトです。

やや小さめでランチ後のデザートにはちょうどいい。けど、次はベリーのタルトが食べたいぞ・・・!

セットのオレンジジュース

息子用に注文。暑い日だったので美味しそうにゴクゴク!果汁100パーセントジュースであれば更によかったかなー。

ちなみに、店員さんが食事を運ぶ際に使っていたのがムーミンのトレーでした!テンションあがっちゃう。あらゆる所でムーミン&北欧で嬉しくなります。

オープン直後の日曜ということもあり、店内もテラスも常に満席でした。食べ終わると店員さんが早めに食器を片付けるので、今のところ長居はできないかな。順番待ちのお客さんが外まで並んでいたので、仕方ないですね。

ご紹介したように、店内は北欧をイメージした素敵な空間。北欧の童話の世界をモチーフにしている公園内の景色と合わせて訪れるのもオススメです。

北欧&ムーミンの関連記事はこちらも!

Cafe PUISTOへのアクセス・駐車場・店舗情報

  • 住所:埼玉県飯能市阿須893-1 トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園内
  • 営業時間:10:00〜17:00
  • 定休日:月曜
  • アクセス:【電車】西武池袋線元加治駅から徒歩約20分
  • 【車】圏央道狭山日高ICより約20分、圏央道入間ICより約20分
  • 駐車場:無料(市民体育館・市民球場・ホッケー場と共用)
  • Facebook:https://www.facebook.com/cafepuisto/
  • Instagram:@cafe_puisto
  • 公式HP:https://www.cafepuisto.com/