ラグビーワールドカップ 熊谷で開催!

【埼玉県農林公園】ミニSLや食事が楽しめる!子連れで遊べるおでかけスポット

農林公園広場と桜

深谷市にある埼玉県農林公園は、入園料と駐車場が無料の施設。園内では四季折々の花や植物を楽しむことができます。

広い芝生広場、うどんやピザの食事処、ミニSLなど、家族や子連れで1日中たっぷりと楽しめますよ。

私も「子どもと遊びに行くなら農林公園!」というくらいお気に入りの場所。農林公園の施設や遊んできた様子を紹介していきます。

埼玉県農林公園の施設

2019年4月上旬に訪れた様子を紹介していきます。

芝生広場

農林公園広場と桜
桜が咲く芝生広場

農林公園のメインとなる、広大な芝生広場。広さは約2.2ヘクタール、東京ドームに例えると約0.47個の広さです。サッカーやキャッチボールなどのボール遊びもできます。

農林公園広場の桜満開

ちょうど桜(ソメイヨシノ)が咲いている時だったので、シートを敷き、お花見している人が大勢いました。ワンタッチタイプのテントなら使用できます。

ミニSL

農林公園ミニSL看板

園内には子どもに大人気のミニSLも!運行しているのは土日祝日と、春休みなどの一部期間です。

利用料金は大人も子ども同料金で、1回200円。1歳以上は有料です。

農林公園ミニSL

ミニといっても、本物と同じように石炭を使用したSL。石炭を燃やした熱で水を沸騰させ、蒸気の力で動かしているんです。子どもたちはもくもくと上がる煙にびっくり!

桜が咲いている時期には、桜並木の下を走ります。SLに乗りながらお花見できますね。

木材文化館(木育ひろば)

農林公園木育ひろば外観

木材文化館では木工木材の良さや、森林・林業の役割を紹介。休日には工作教室などのイベントも開催されています。

農林公園木育ひろば
木育ひろば

室内にあるのが木育ひろば。営業時間は、9:00~16:00(4月〜9月は17:00まで)です。

木のぬくもりが感じられる未就学児を対象とした遊び場で、雨の日でも遊べるのがいいですね。

農林公園木育ひろばすべり台

置いてあるのは木を組み合わせて作られた遊具。クギは使用していないので、小さい子どもが触れるには安心です。

農林公園木育ひろばおむつ替え
木育ひろばの赤ちゃん休憩室

一部スペースに赤ちゃん休憩室が設けられています。下が畳なので、おむつを替える時には利用できますよ。

ただ、壁やドアはなく、目隠しになるものはパーテーションだけ。授乳室として利用するには難しかもしれません。

公園食堂 咲楽屋(さくらや)

農林公園さくらや

埼玉県産の小麦を使用した手打ちうどんのお店。うどん、そば、地元で採れた野菜の天ぷらを中心に販売しています。

農林公園さくらやメニュー
咲楽屋の一部メニュー

土日祝日は特に混み合っていますので、早めの時間帯に入るのがおすすめです。

石窯ピザ金太郎

農林公園ピザ金太郎ジェラート外観

埼玉県産小麦を使用した生地と地元野菜を乗せたピザを販売。本格的な高温の薪窯で焼いているのであっという間に焼き上がります。

農林公園ピザ金太郎看板
金太郎の看板メニュー

手作りジェラート 四つ葉のクローバー

農林公園ジェラートメニュー
四つ葉のクローバーのメニュー

石釜ピザ金太郎の隣には手作りジェラートのお店。こちらも、埼玉県産の牛乳を使用した無添加のジェラートを販売しています。

農林公園四つ葉のジェラート
四つ葉のクローバーのミルクジェラート

農産物直売所

農林公園直売所

地元の新鮮野菜を中心に販売されています。深谷といえば、深谷ねぎが有名!ねぎの収穫量が多い季節にはよく買って帰ります。

農林公園直売所パン

野菜以外にも、パンや和菓子、お惣菜なども販売。直売所で購入して、芝生広場で食べるのもおすすめです。

他にも、野菜園や果樹園での収穫体験、ガーデニング専門店などがあり、農作物や植物にふれあえる公園。自然に親しみたいときにはぜひ訪れてみてください。

農林公園 施設情報

  • 住所:埼玉県深谷市本田5768−1
  • 048-583-2301(農林公園管理事務所)
  • 営業時間:9:00~16:30(4月~9月は17:30まで)
  • 入園料:無料
  • 駐車場:約380台(無料)
  • アクセス:車の場合関越道花園ICから約10分、嵐山小川ICから約15分
  • 公式サイト:埼玉県農林公園