深谷「埼玉県農林公園」木育ひろば・農産物直売所のリニューアルオープンへ行ってきた

埼玉県農林公園ふっかちゃん

深谷市にある埼玉県農林公園内の木育ひろばと農産物直売所がリニューアルオープンしたとのことで行ってきました。

公園の施設情報と合わせてオープンの様子をご紹介していきます。

埼玉県農林公園とは

埼玉県農林公園芝生

埼玉県農林公園(のうりんこうえん)は、深谷市にある入場無料の公園。我が家も四季折々、子どもを連れてよく遊びに来ています!

近隣の子育て世代には「子連れで遊びにくる場所」として知られていますが、他にも埼玉県で生産されている主要な野菜や果樹の栽培・展示や収穫体験、木工教室等の体験型学習事業も開催。農業に従事している珍しい公園なんです。

広い芝生以外には、ミニSL(有料)やアスレチックなど子どもが楽しめる遊びがたくさん!お昼を持参して1日過ごせるほどの充実ぶりです。

園内には飲食店「石釜ピザ金太郎」「ジェラート工房四つ葉のクローバ−」「手打ちうどん咲楽屋」が営業中。

休日のお昼時はどのお店も混んでいるので、早い時間帯に購入するのがおすすめです。

木材文化館内の「木育ひろば」

リニューアルした「木育ひろば」は木材文化館内にあります。

入口からすぐ、ひろばになっています。土足で入れますが、おもちゃで遊ぶエリアは靴を脱ぎます。

広さは小学校の体育館の半分くらい。さすが「木育」というだけあって、木のおもちゃで溢れています!

特に楽しそうだったのがこちら。子どもがヘルメットをかぶって木槌でトントン叩いています。

何をやっているんだろう・・・?と思ったら木組みのジャングルジムを作っているところ!釘を使わずに順に組み合わせて完成させるんだそうです。

こちらのジャングルジム作りは毎日は行っていませんが、主に休日に開催することがあるそう。

埼玉県農林公園ふっかちゃん

リニューアルオープン日ということで、深谷市のキャラクター「ふっかちゃん」も駆けつけていました・・・!相変わらず子どもに大人気。

ちなみに、木材文化館では工作教室が土日を中心に開催されています。夏休みの宿題の工作で苦労する親御さんも多いはず(我が家もそうなんですが)。

有料ですが千円以内で収まるものばかりで、作り方も教えてくれます。工作に困ったときはこちらを利用するのもよさそうです。

工作作業は専用の部屋、木工室で開催されます。

農産物直売所

次は直売所へ。農産物直売所は建物が新たに完成され、深谷市長や関係者が出席するオープニングイベントも開催されていました。

店内は野菜や果物中心に販売されています。

他に地元のパン屋、和菓子店などの商品も置かれています。以前より売り場が拡大し、商品も増えて充実したラインナップ。

こちらでお昼を購入して芝生広場で食べる、というのもおすすめの過ごし方です。

埼玉県農林公園 施設情報

  • 住所:埼玉県深谷市本田5768−1
  • 048-583-2301(農林公園管理事務所)
  • 営業時間:9:00~16:30(4月~9月は17:30)
  • 入園料:無料
  • 駐車場:約380台(無料)
  • アクセス:【車】関越道花園ICから約10分、嵐山小川ICから約15分
  • 公式ページ:http://sainourin.or.jp/nkouen/