おしゃれな柄足袋はお土産にもおすすめ。行田「創作足袋 千代の松」

行田の創作足袋・千代の松の足袋

行田市は江戸時代後半から足袋を作りはじめ、昭和初期には全国の約8割の足袋を生産していた足袋のまちです。

全盛期には市内200軒ほどで足袋の製造・販売をしていましたが、年々減少し現在は6軒。

中でも柄足袋(がらたび)が人気の「創作足袋 千代の松」へ行ってきましたので紹介します。

創業100年以上の足袋屋・千代の松

千代の松は行田市役所から北へ300メートルほどの場所にあります。駐車場は3台用意されていました。

行田の創作足袋・千代の松の外観

千代の松は創業100年以上の足袋屋。現在は3代目ご夫婦が昔ながらの足袋造りを受け継ぎ、奥さまは埼玉県伝統工芸士の認定を受けるほどの職人さんです。

行田の創作足袋・千代の松の玄関

暖簾をくぐると、広めの玄関を利用したスペースに商品がずらりと並びます。

棚の上には足袋や取材を受けた写真などがたくさん並び、しばらく見入ってしまうほど。

日テレ「ぶらり途中下車の旅」、TBS「所さんお届けモノです!」、フジテレビ「有吉くんの正直さんぽ」等、数々のテレビや雑誌で紹介されています。

行田の創作足袋・千代の松の足袋

柄足袋とは、白足袋のような無地ではなく表地に柄が入った足袋のこと。

千代の松では20年ほど前から作り始めたそうで、矢がすり、水玉、さくら、市松など、おしゃれな柄が100種類ほど揃います。

足袋の良さと効果

行田の創作足袋・千代の松の見本

足袋を履くと健康にもとても良いそう!足袋に期待できる効果でいわれているのがこちら。

  • 血流を良くし冷え性の緩和
  • 外反母趾を阻止
  • むくみ予防
  • 足裏のツボが刺激される
  • 姿勢が良くなる

足袋を購入してみた

行田の創作足袋・千代の松の在庫棚

健康にも良いと知り試しに一足買うことに。足袋を購入するのは初めてなので、まずはサイズを測るところからです。

サイズが決まったらデザイン選び。倉庫には完成した足袋が箱詰めされ「これはどう?」とおすすめを出してくれます。

次から次に魅力的な柄足袋が出てくるので、一足を決めるのにかなり時間がかかってしまいました。どれも素敵な柄ばかりです。

行田・千代の松で買った足袋

そして、購入した足袋がこちら!

留め金具となるコハゼが4枚付き足にしっかりフィットします。親指と人差し指の間が程よく刺激され、履き心地は抜群です。

和装で過ごす機会はほぼありませんが、自宅でルームシューズとして使っています。

テレビで所ジョージさんが千代の松の足袋をスニーカーと合わせていたそうで、その履き方もおすすめされました。

値段は24.5cmまでが2,450円、25.0cm以上は2,650円(いずれも税込)。一般的な白足袋に比べると値は張りますが、思い切って一足購入してよかったです。

楽天市場でも購入できます

千代の松の足袋は通販でも購入できます。配送地域に関係なく送料無料となっていますので、サイズが決まっている場合は通販が便利です。

行田の創作足袋・千代の松の入口

日本伝統の履き物である足袋。行田を訪れた記念やお土産にもおすすめです。

創作足袋 千代の松 店舗情報