ホシカワカフェの北欧風コーヒースタンド「conscience(コンサイエンス)」

熊谷カフェ・コンサイエンスのコーヒー

熊谷市の「conscience(コンサイエンス)」は同じ市内の「ホシカワカフェ」プロデュースのコーヒースタンド。サッと立ち寄れる気軽さが魅力です。

お店の様子やメニューを紹介していきます。

熊谷「ホシカワカフェ」北欧テイストのカフェでコーヒーとパンケーキを

熊谷市役所前のconscience

熊谷市役所前という分かりやすい場所で、初めて訪れた人でも迷う心配はなさそうです。

市役所の信号を渡った先のビル1階で、隣には「田舎っぺうどん」が入っています。

フクロウの看板が出迎えてくれました。朝8:00から営業しているので、通勤・通学途中においしいコーヒーをいただくのもおすすめです。

店内はレジカウンターとコーヒーを待つ間に腰をかけるソファというこじんまりとした造り。

スタイリッシュな床や壁紙は世界的なノルウェーのブランド「Norwegian Icons(ノルウェジアン・アイコンズ)」のデザインでおしゃれな空間に仕上がっています。

棚には北欧デザインのポットなども
ショップカードもフクロウです。

注文を待っている間はオーナーさんからコーヒーを淹れるときのコツを教えてくれました。コーヒーの心地良い香りに包まれながらお話するのも楽しい。

conscienceのメニュー

conscienceではコーヒー、紅茶、焼き菓子を提供しています。

  • ヘーゼルナッツモカ・ラテ:480円
  • カフェラテ:450円
  • ガチャガチャコーヒー:380円
  • 本日のコーヒー:350円
  • ハンドドリップコーヒー:430円
  • オーガニックティー各種:450円
  • オーガニックチャイラテ:480円
  • ヘーゼルナッツモカ・チーノ:600円
  • キャラメルラテ・チーノ:600円
  • アイスカフェラテ:450円
  • 本日のアイスコーヒー:380円
  • アイスドリップコーヒー:460円
  • オーガニックアイスティ各種:450円
  • オーガニックサイダー:500円
  • 焼き菓子各種:180円〜500円

イチゴタピオカミルクシェイク(550円)もあるんですね〜。

カフェラテを注文しました。砂糖なしでオーダーしたので、苦みとコクの中にミルクの甘みをほのかに感じます。

クロワッサンがおいしい「boulangerie Matsuoka(ブーランジュリマツオカ)」、焼きたてパンの「パンと、総菜と、珈琲と。」へも行きやすいので、散策がてら回ってみるのもおすすめです。

オープン初日に行ってきました

conscienceのオープン、2018年3月22日にも訪れていました。当時の様子を紹介します。

熊谷カフェ・コンサイエンスオープン日

まだフクロウの看板が無いとき。看板の代わりに開店祝いのお花がたくさん飾られていました。

熊谷カフェ・コンサイエンスの店内(オープン日)

店内には、木目のカウンター、漆喰の白い壁、床は六角形のタイル、エスプレッソマシンと北欧テイストに合わせた内装です。外壁や店内壁の一部は、大工さんと一緒にオーナーさんも手がけたそう。

熊谷カフェ・コンサイエンスの棚(オープン日)

木目調の壁紙は1930年代のビンテージものだったりと随所にこだわりが感じられます。

熊谷カフェ・コンサイエンスのコーヒーサービス(オープン日)

オープン日となった、3月22日はホシカワカフェの9周年。記念に9:00から17:00まで、コーヒーが無料で振る舞われていました。

conscience 店舗情報

  • 住所:埼玉県 熊谷市宮町2−138
  • 電話番号:080-8918-3628
  • 営業時間:平日8:00〜17:00/土曜11:00〜17:00
  • 定休日:日曜・第2第4月曜