埼玉名物の熊谷うどん!おすすめは「田舎っぺうどん」

田舎っぺうどんの塩きのこうどん

熊谷名物のひとつに挙げられる「熊谷うどん」。

埼玉県の麦の生産量は全国第7位(令和元年産)、熊谷産の小麦を50%以上使用し熊谷市内で製粉・製麺されたブランドのうどんです。

市内の多くの店舗で提供していますがこの記事では「元祖田舎っぺうどん」を紹介していきます。

田舎っぺうどんは熊谷に4店舗

田舎っぺうどんは本店をはじめ、久保島店、熊谷市役所駅前店、下奈良店の4店。他に系列店が北本と上尾にもあります。

今回は熊谷市代(だい)の本店へ行ってきました。国道407号線沿いです。

田舎っぺうどん本店の外観
田舎っぺうどん本店の駐車場

駐車場は店舗前に。お昼どきはほぼ満車になるので、早めの時間に行くのがおすすめです。

田舎っぺうどん本店の営業時間

営業時間は10:00〜15:00です。
昼営業のみで、日曜は定休日なのでご注意ください。

田舎っぺうどん本店の店内

訪れたのは平日の10時過ぎ。お客さんは私ともう一人で空いてました!

店内はお座敷とカウンター席があります。

田舎っぺうどんのメニュー

つけ麺うどんが中心です。好きなつけ汁とうどんの量を選びます。

田舎っぺうどん本店のメニュー

温かいつけ汁と冷たいつけつゆがあり、肉ネギ、きのこ、塩肉ネギ、塩きのこ、うま辛いきのこ、うま辛肉・・・など、肉またはきのこの汁ですね。

田舎っぺうどん本店のサイドメニュー

うどんの量は半もりから3kgまで。3kgとなると、大人数で食べる場合でしょうか・・・すごい量になりそうです。

麺のゆで加減も注文でき、「やわ」「あつ」「あつやわ」の順でより柔らかくなります。

うどんの量と値段はこちら。記載価格は税込です。

  • 半もり:550円
  • もり:660円
  • 大もり:770円
  • 特大:880円
  • 特大の上:990円
  • 1kg:1210円
  • 2kg:2090円
  • 3kg:2970円
  • 子守りうどん(子ども用):330円

もりうどんに温かい汁で食べるのが熊谷流

人それぞれ好みはありますが、ここは熊谷流でいただきます。

もりうどん&塩きのこ汁

田舎っぺうどんの塩きのこうどん

普通盛りのざるうどんに、温かい塩きのこ汁の組み合わせです。うどんは普通盛りだけど、他のうどん屋で食べるよりも多め。お腹が空いている時にはうれしいですね。

田舎っぺうどんの塩きのこ

きのこ・長ねぎ・油揚げ・豚肉が入った汁にごま油がかかっています。出汁が出ていて、つけ汁だけでもおかわりしたくなるおいしさです。

もりうどん&きのこ汁

田舎っぺうどん熊谷北店のつけめんうどんきのこ汁

こちらはうどんの量は大盛り。普通盛りの0.5倍くらいかな?さすがにボリュームがあります。

田舎っぺうどん熊谷北店のきのこ汁

運ばれてきたときはアツアツのきのこ汁。うどんが冷たいので食べているうちに冷めてしまいますが、店内の電子レンジで自由に温め直せます。

もりうどん&肉ネギ汁

田舎っぺうどん熊谷北店の肉ネギ汁

こちらは肉ネギ汁。肉の脂がうどんに絡まりスタミナが付きそう。

田舎っぺうどん熊谷北店のうどん

うどんの強いコシで飲み込むのに時間がかかり、ふつう盛りでも十分お腹に溜まります。

きんぴらごぼう

田舎っぺうどんのきんぴらごぼう

うどんに続いてきんぴらごぼうも人気。店内で注文できますが、今回は持ち帰りしてきました。ごぼうとにんじんのオーソドックスなきんぴらで、ピリッと辛みがあり白いご飯によく合います。

元祖田舎っぺうどん本店 店舗情報

  • 住所:埼玉県熊谷市代1061-1
  • 電話:048-521-8784
  • 営業時間:10:00~15:00
  • 座席数:64席
  • 定休日:日曜
  • 駐車場:約20台(無料)
  • 公式サイト:田舎っぺうどん公式サイト