【熊谷・のうカフェ】人生の楽園に出演!地元野菜のランチが食べられる母めし食堂

熊谷・のうカフェむさし麦豚のしょうが焼き

熊谷市の「母めし食堂 のうカフェ」へ行ってきました。

「農がよろこぶ、脳がよろこぶ」をコンセプトに食を通して農を元気にし、訪れた人の心と身体を元気にしたいという思いを込めてオープンされたそうです。店内の様子や食事を紹介していきます。

※記事は訪問時の内容です。

築100年を超える古民家、のうカフェ

場所は熊谷市内から妻沼方面へ向かう県道341号線沿い。熊谷市下奈良(しもなら)にあります。

熊谷・のうカフェ外観

路地を入った場所の大きくて立派な古民家が「母めし食堂 のうカフェ」の店舗です。なんと築100年以上の古民家!オーナーさんと職人さんで改装したそうです。

熊谷・のうカフェ看板

わかりやすい駐車場の案内も。

熊谷・のうカフェ駐車場

敷地が広く駐車場が9台も確保されているので安心。図の駐車場以外にも3台停められるスペースがありました。

熊谷・のうカフェ駐輪場

こちらは駐輪場。自転車やバイクでもOK。

熊谷・のうカフェ庭

スッキリとしたキレイなお庭。
オーナーさんいわく、整備される前はジャングルのようで地面も見えない状態だったとか。

熊谷・のうカフェテーブル席

中に入ると、まず広々とした土間。その土間にはバリアフリーの席があります。
トイレは車イスでも利用でき、身体の不自由な方にも優しいお店を目指しているのとこと。

熊谷・のうカフェ座敷
熊谷・のうカフェ縁側
熊谷・のうカフェ縁側からの庭

土間から上がった和室。ゆったりと20席ほどありました。庭が見える南向きで縁側付き。日光が程よく入って気持ち良い。

梁、柱、天井は元の骨格のまま残し、縁側は無垢の板張り、建具も活かせるものは使用しているそうです。ゴロゴロしたくなる落ち着いた雰囲気。食べる前にまったりしちゃいそう。

熊谷・のうカフェ本棚

子ども用のおもちゃや絵本も用意されています。小さい子どもと一緒に安心して来られそう。

のうカフェのランチメニュー

ランチタイムは11:00〜14:00です。

熊谷・のうカフェランチメニュー

スタンダードは「母めし定食」。季節に合わせた週代わりのメインの主菜を2品から1品、副菜は4品の中から2品を選び注文するシステムです。ご飯と味噌汁はお代わり自由。

副菜1品とご飯味噌汁付きの「お子さま定食」もあるので、ママランチ会で利用するのもよさそう。

熊谷・のうカフェ本日のメニュー

この日の主菜、副菜メニュー。こちらから選んで注文しました。友人と行ったので主菜、副菜をお互いに違ったものを選択。

熊谷・のうカフェお惣菜

注文後は主菜が来るまでの時間、自分で副菜やご飯、味噌汁をよそって席で待ちます。ご飯は玄米と5ぶつき米の2種類。

注文したのはこちら

母めし定食むさし麦豚のしょうが焼き

熊谷・のうカフェむさし麦豚のしょうが焼き

色鮮やかで見た目も楽しめる定食。副菜はごぼうの唐揚、かき菜のナムル。ご飯は玄米にし、味噌汁はネギ、ジャガイモ、油揚げの具だくさん。

しょうが焼きのむさし麦豚とは、小麦由来の自家製飼料で育てた豚。調べてみると、鴻巣市の長島養豚直売所で販売されているよう。豚特有の臭みがなく、あっさりした脂で美味しくいただけます。

母めし定食さごちのムニエル

熊谷・のうカフェさごちのムニエル

友人が注文したもの。サゴチはサワラの幼魚です。

サゴチの下にも野菜!一口いただいたけど、淡泊な味の中にも旨味が詰まっています。

もちろん完食!どれも美味しくいただきました。野菜たっぷり、からだに優しい食事がいただける「のうカフェ」。またひとつ熊谷にお気に入りのお店が増えました。

テレビ朝日「人生の楽園」にも出演

「人生の楽園」にのうカフェが紹介され、登場しました。

放送日は2022年1月29日(土)18:00から。

埼玉県熊谷市で、温かい母の味でお客さんをもてなしたいと『母めし食堂 のうカフェ』を開いた小林由紀子さん(49歳)と、支える夫の正行さん(52歳)が主人公です。
群馬県で生まれ育った由紀子さん。幼いころには食物アレルギーがあったものの、母・悦子さんのおかげで、それほど悩まずに過ごすことができました。そんな母を高校3年生の時に病で亡くし、このことがきっかけで理学療法士の道へ進むことにしました。32歳の時に正行さんと結婚し埼玉県加須市で暮らします。娘が生まれると改めて食生活の大切さを考え、「身体にいいものを食べさせたい」と気を使うように。その頃、「母めし」と名付けられた一汁三菜の食事を出す古民家カフェに出会います。一汁三菜は、主菜一品、野菜の料理二品が基本となったバランスの良い食事。そんな理想のお店を見つけ何度も通った由紀子さんは、その思いと料理を受け継ぎたいと自分のお店の開店を決意。夫の正行さんも賛成してくれました。そして、熊谷市に理想の古民家を見つけると、43歳で病院を退職。家族3人で古民家に移り住み、2017年2月、自宅で『母めし食堂 のうカフェ』をオープンしました。
『母めし食堂 のうカフェ』では、昭和を感じるバランスのとれた家庭料理が楽しめます。自慢の母めし定食には、一汁三菜とおまけが一品ついてきます。主菜はマダイのムニエルや、むさし麦豚の手ごねバーグなどから選べます。料理に使われている野菜は、正行さんが勤めの合間に目の前の畑で育てたものです。とりたての野菜はシャキシャキでおいしいとお客さんからも好評です。
懐かしい母の味、その温もりを伝えたいと、チャレンジを続ける由紀子さんと支える正行さん。お2人の暮らしぶりと応援してくれる家族や地元の人たちとの交流を紹介します。

テレビ朝日「人生の楽園」

母めし食堂 のうカフェ 店舗情報

  • 住所:埼玉県熊谷市下奈良391
  • 電話:048-577-4342
  • 営業時間:11:00~15:00/15:00〜17:00(予約制)
  • 定休日:日曜・月曜・祝日
  • 駐車場:あり(無料)
  • 公式サイト:のうカフェ公式サイト

※店舗情報やメニューは記事公開時点のものです。最新情報はお店や公式ページで確認するようお願いします。

Instagram
Facebook
Twitter
SHARE