熊谷・芋屋TATA|大人気のさつまいも専門店へ行ってきた!メニュー・楽天通販・営業日を紹介

熊谷 芋屋TATA 焼きいもソフト

熊谷市の「芋屋TATA(タタ)」は人気のさつまいも専門店。

焼き芋をはじめ、干し芋、チーズケーキ、芋プリン、焼き芋ソフトなど、さつまいもメニューを提供しています。不定期で開催されるさつまいもの詰め放題も人気です。

店内には開放的なイートインスペースがあり、購入したで商品を食べることもできますよ。

実際に行ってきましたので、お店の様子やメニュー、楽天通販についても紹介していきます。

MEMO
2019年12月メニュー情報を更新しました!

芋屋TATAへのアクセス

芋屋TATAの店舗は、熊谷市樋春(ひはる)にあります。最寄り駅の熊谷駅からは約5km、車で約15分です。

熊谷駅からバスで行くことも可能です。「県立循環器呼吸器病センター小川町駅行き」に乗車し、バス停「畜産試験場」で下車し徒歩すぐです。

芋屋TATAの営業時間や混雑は?

芋屋TATAの営業時間は、10:00~17:30まで。

熊谷の店舗は、10月頃から4月頃までの営業です。夏は営業していませんので、ご注意ください。

2019年は7月〜9月下旬まで八木橋百貨店へ出店、都内デパートへ催事で出店することもあります。

2020年秋・冬の営業は、10月2日開始を予定しているそうです!

熊谷 芋屋TATA 外観
芋屋TATAの店舗外観

芋屋TATAの店舗は、販売、飲食スペース、加工場が一体となっています。

駐車場は店舗前に4台ほど停められます。他にもすぐ近くに駐車場があるので、比較的余裕があります。

熊谷 芋屋TATA 看板

店舗はちょい悪風のパグ犬が目印!

TATAの社長さんがパグに似ているという理由だそうです(笑)店内にもパグの置物がたくさんありますので、注目してみてください♪

訪れたのは、平日の11時ごろ。お客さんは2、3組だったので、比較的ゆっくりと買い物ができました。

店員さんによると、土日は遠方からのお客さんが来てかなり混雑しているとのこと。焼き芋は閉店前に売り切れてしまうそうです。

熊谷 芋屋TATA 焼きいもの機械

焼きいもを焼くための大きな機械がずらり。中を見せてもらうと、まさに今焼いている最中でした。この日焼いていた品種は「ひめあやか」と「安納芋」。

熊谷 芋屋TATA 店内

奥へ進むと、パグ犬のお面が登場!

熊谷 芋屋TATA テラス

板張りの空間が広がっています。社長さん達でDIYしたというのだからすごい・・・!

熊谷 芋屋TATA ウッドデッキ

ウッドデッキにはベンチやパラソル、南国風の木が置かれていました。まるでリゾート気分!?真ん中には暖炉まであります。

芋屋TATAのメニュー

公式ページによると、メニューはさつまいもの状態で決めているそうです。

期間限定メニューもありますので、最新メニューはお店で確認してくみてくださいね。

2019年12月のメニュー
  • 芋プリン・ジャム各種1瓶:350円
  • 干し芋1袋:500円
  • チーズケーキ1体まるごと:1,300円
  • 冷凍焼き芋1袋:1,000円
  • 焼き芋:500円〜
  • 芋チーズスティック:200円
  • 焼き芋ソフト:350円
  • 芋羊羹ソフト:500円
  • 芋プリンソフト:500円

芋プリンソフト、焼き芋アイスのせ、芋チーズケーキなど、ちゃんと見本が用意さています。

メニューの文字だけだと「どんな商品?」と思うこともありますが、これならお客さんも安心できそう。

さつまいも芋ジャムは3種類ありました。焼き芋ジャム、安納芋ジャム、紫芋ジャムです。

干し芋も販売しています。干し芋、おいしいですよ〜!箱詰めの6パックセットもありました。

ギフト用の箱や紙袋も。箱や紙袋は有料ですが、ちょい悪パグ犬のイラストに惹かれますね。贈り物にもよさそうです。

焼き芋の料金表はこちら。税別500円ごとに値段と重さが設定されています。

焼き芋は日によって焼いている芋の種類が違っています。この日は紅はるかでした。

  • 500円:360g(約2本)
  • 1,000円:720g(約4本)
  • 1,500円:1,080g(約6本)
  • 2,000円:1,440g(約8本)
  • 3,000円:2,160g(約12本)

芋屋TATAを食べた感想

さつまいもといえば焼き芋だと思っていましたが、こんなにもメニューがあるとは驚きです。実際に食べたメニューを紹介します。

焼き芋

紅はるかを1500円分(6本)購入しました。ふだんのランチ以上の値段はしましたが・・・せっかく来たのでね。

香ばしい焼き芋の香りと、ねっとりとした食感、濃厚な甘み。これはやみつきになりそうです。さつまいもの旨みを一番いい状態で焼き上げている感じがしました。

しかも、焦げ目が少ないので、皮までおいしい!適度に裏返して、丁寧に焼いているんだと思います。焼き方が今までの焼き芋のイメージが変わりそうです。

店員さんによると、さつまいもの収穫時期や保存期間によって甘みや食感が違うようです。時間が経過するごとに更にねーっとりとした濃厚な焼きいもが味わえる・・・というそんな話でした。

芋ようかんソフト

熊谷 芋屋TATA 焼きいもソフト

芋ようかんの上に、さつまいもソフトクリーム、きな粉がまぶされた「芋ようかんソフト」。カップにはあのちょい悪風の犬がプリントされています!

熊谷 芋屋TATA 焼きいもソフト2

さつまいもソフトと、きな粉の相性もいいですね。

熊谷 芋屋TATA 焼きいもソフト3

ソフトクリームが食べ終わると安納芋の芋ようかんが出てきます。ねっとりとした食感で芋の旨みが凝縮され、まさに芋づくしな一品です。

芋ようかん

熊谷 芋屋TATA 芋ようかん

持ち帰り用に「芋ようかん」「芋プリン」を購入してきました。

熊谷 芋屋TATA 芋ようかん2

芋ようかんは長さ11cmほど。さつまいも、砂糖、塩、という非常にシンプルな材料です。保存料や添加物が使われていないので、子どもにも安心して食べさせられます。

芋屋TATAの芋ようかんは、機械を使わず完全手作りで蒸したてのさつま芋を手ごねし、芋感をMAXにしているとのこと。

食べてみるとさつまいもの塊が出てきたり、家で作ったおやつのよう。手作り感の良さが味わえます。

芋プリン

熊谷 芋屋TATA 芋プリン

さつまいも(おそらく芋ようかん?)の上に滑らかなカスタードプリンが乗っています。

熊谷 芋屋TATA 芋プリン2

プリンは溶けるように喉を通っていきます。

熊谷 芋屋TATA 芋プリン3

さつまいものチーズケーキ

掘りたてのさつまいもをペーストにしたチーズケーキ。クッキーの上にさつまいもペースト、更にチーズクリームを乗せた三層構造で焼き上げています。

原材料はさつまいも、砂糖、卵、クリームチーズ、植物性油脂、小麦粉、バター。保存料や添加物は使用していないので、小さい子どものおやつにもよさそうです。

食べてみた感想は、高級チーズケーキのような濃厚な味わい。底に敷かれたバター風味のクッキーがサクサクとして良いアクセントになっています。

芋屋TATAは楽天通販でも購入できます

熊谷の店舗は遠くて行けない・・・!という場合は、楽天市場の通販でも購入可能です。自宅まで芋屋TATAのさつまいもが届きますよ。

熊谷ランチ・カフェのおすすめ記事

ほかにも、熊谷市でランチができるお店やカフェの記事も載せています。ぜひ参考にしてみてください♪

ベイスダイナー籠原店のベイスダイナー 熊谷・行田のランチ・カフェ情報!地元ブロガーおすすめまとめ

芋屋TATA 店舗情報

※店舗情報やメニューは記事公開時点のものです。最新情報はお店等で確認するようお願いします。