【館林・ヤギヤ】秋冬は行列のできるたいやき屋!夏はかき氷を販売

館林・ヤギヤのたいやき1箱1,100円

群馬・館林市の「ヤギヤ」は5月〜9月下旬頃までかき氷、かき氷終了後は4月まではたいやきを販売する甘味処。

特にたいやきは食べてみたい!と以前から気になっていました。館林へ行った際に買いに行ってきましたので、ご紹介していきます。

ヤギヤについて(場所・駐車場)

ヤギヤは東武伊勢崎線館林駅から車で5分、徒歩12分ほどの場所にあります。

4月から5月上旬開催の「つつじまつり」期間中は駅周辺が混雑しています。その時期は、電車や徒歩で訪れるのがおすすめです。

ヤギヤの外観

写真左の白い建物がかき氷の店舗、右がたいやきの店舗です。間のスペースが3台分の駐車場となっています。

館林・ヤギヤの駐車場

駐車場はほかに向かいの「市営大手町無料駐車場」も使用可能。利用時間は10:00〜22:00、地面が砂利で15台近く停められます。

ヤギヤのメニュー

かき氷はイートイン・テイクアウトの両方、たいやきはテイクアウトのみです。

館林・ヤギヤのメニュー

たいやきは1ぴき110円、箱は1箱10ぴき入りで1,100円。

たいやきは北海道産小豆を使用した自家製の小倉あん1種類。クリームやほかの餡はありません。

ヤギヤのたいやきを食べてみた

土曜午後行ってみると、お客さんが10人以上も!約30分並び、念願のたいやきを購入してきました。

人気店とは聞いていましたが、こんなに並ぶとは思わず油断していました。冬は防寒して行くのがおすすめです。

館林・ヤギヤのたいやき(箱)

温かいうちに食べたかったので、ヤギヤ近くの公園に寄り道。

鉄板からたいやきを取り出してすぐ、箱へ入れてくれたので包装紙が破れるほど蒸気に包まれていました。

館林・ヤギヤのたいやき1箱1,100円

箱を開けると、湯気とともに甘く香ばしいにおいが漂います!

館林・ヤギヤのたいやき大きさ

さっそくいただくと、頭からしっぽまであんこたっぷり。程よい甘さと小豆のおいしさが感じられます。

餡が透けるほどの薄皮なので、お腹が膨らむ感じがせず一気に2匹ペロリと完食です。

館林・ヤギヤのたいやき

食べて数日経っても、ふと思い出すほど印象深いおいしさで行列ができるのも納得。たいやきが売っているうちに、また行きたいと思います。館林でおすすめのお店です。

ヤギヤ 店舗情報

  • 住所:群馬県館林市大手町8-34
  • 電話番号:0276-72-1192
  • 営業時間:9:30~18:30
  • 定休日:不定休