Instagramも更新中です♪

【秩父市・秩父神社】歴史やご利益・見どころ・駐車場情報を紹介

秩父神社の御本殿

秩父神社は創設2100年以上歴史を持つ秩父地方の総社です。毎年12月に開催される「秩父夜祭」は秩父祭りの例大祭として約20万人が訪れています。

また、三峯神社、宝登山神社とあわせて秩父三大神社のひとつとされています。

秩父神社の鳥居

秩父神社へのアクセス・施設情報

秩父神社は秩父駅から徒歩5分。秩父市の中心に鎮座しています。

住所埼玉県秩父市番場町1-3
電話番号0494-22-0262
拝観時間7:00~16:30
アクセス秩父鉄道「秩父駅」から徒歩5分
西武秩父線「西武秩父駅」から徒歩15分
駐車場神社境内に数台、周辺に有料駐車場
公式サイト秩父神社

秩父神社境内の見どころ

秩父神社の境内を一部撮影してきました。

秩父神社の手水舎

大鳥居から入ると左手に手水舎。2021年6月時点では柄杓は使用せず、流水に手を差し伸べて受ける状態になっています。

秩父神社の御神木

神門を入り右手には樹齢約400年となる御神木(銀杏の木)。秩父神社では銀杏の葉を社紋としています。

境内にはほかに、秩父宮御手植銀杏や秩父宮妃御手植銀杏、高松宮御手植銀杏が植えられています。

秩父神社の御本殿

徳川家康から寄進されたという御本殿には徳川家「葵の御紋」が飾られ、江戸時代初期の建築様式と色鮮やかな彫刻が現存しています。

御本殿周辺には「子宝子育ての虎」、「つなぎの龍」「よく見て・よく聞いて・よく話す、三匹の猿の彫刻」「北辰の梟」の彫刻が施されています。

御本殿の右手には祈願受付と納札所があり、お守りやお札、御朱印の対応をされています。

秩父神社のご利益

秩父神社のご利益は以下のとおり。

  • 学業成就
  • 合格祈願
  • 子孫繁栄
  • 家内安全
秩父神社納札所

特に学業成就の神として知られており、受験シーズンには多くの参拝者が多く訪れます。

秩父神社の駐車場

秩父神社の駐車場は2カ所。

秩父神社の駐車場

一つは西門から入ったスペースに駐車できます。こちらは5、6台利用できそうです。

秩父神社周辺の有料駐車場

もう一つは東門の近くに10台ほどあります。こちらは交通安全祈願となる、車秡所の隣です。

満車の場合は、すぐ近くの有料駐車場のタイムズが利用できます。