【2019】行田さきたま火祭りが開催!日程やアクセス・駐車場情報

行田さきたま火祭り(2019)

今年で33回目の開催となる行田市の「さきたま火祭り」。歌やダンスのステージ、夕方からはメインの火祭りが楽しめます!

さきたま火祭りとは

毎年5月に行田市で開催されているお祭り。場所はさきたま古墳公園です。

行田さきたま火祭り(2019)

特に、たいまつを手に古代衣装を身につけた人々の大行列は圧巻。火祭りの演出は「古事記」の一節を再現したものです。

古事記によれば、天照大神の孫「ニニギノミコト」が大山津見神の娘「コノハナサクヤヒメ」と婚姻。ニニギノミコトに一夜の交わりで身ごもったのを疑われたコノハナサクヤヒメが、疑いを晴らすため「神の御子であるならば、たとえ火の中でも無事に生まれるでしょう」と自ら産屋に火を放ち、その中で海幸彦(ウミサチヒコ)・山幸彦(ヤマサチヒコ)を無事に出産したとあります。さきたま火祭りは、その故事に倣い、観る人を古代のロマンと神話の世界に誘うお祭りです。

さきたま火祭り公式サイトより

さきたま火祭りの日程や場所

  • 開催日:2019年5月4日(土)
  • 場所:さきたま古墳公園(行田市埼玉4834)

さきたま火祭りのスケジュール

昼間はイベントやステージ、夕方からはメインイベントが始まります

古代イベント広場

10:00~フリーマーケット/物産店/地震体験車等

昼間のステージ

10:00~10:15さきたま音頭
10:15~11:45アマチュアバンド
11:45~12:00太極拳(太極拳桜ヶ丘)
12:00~12:20ダンス(行田進修館高校ダンス部)
12:20~12:35よさこいソーラン(熊舞)
12:35~12:50ヒップホップダンス(ビーブライト)
12:50~13:05埼玉節(相川姿峰秀会)
13:05~13:15フラダンス(フラノ会イリマ)
13:15~13:40ささら獅子舞(野村ささら保存会)
13:40~13:50おはやし(渡柳おはやし保存会)
13:55~14:05片原ておどり(片原ておどり保存会)
14:05~14:25詩吟(日本詩吟協会)
14:30~14:50アフリカ音楽(古墳ジャンベ隊)
14:50~15:05ビキアンドジョー
15:05~15:20米娘舞娘
15:20~15:40潮崎ひろの
15:45~16:10木下航志
16:15~16:35さくまひでき
16:35~17:00フィットネスダンス
17:10~17:30武蔵あばれ太鼓(武州あばれ太鼓)
17:35~17:45甲冑隊演舞(忍城おもてなし甲冑隊)
17:45~18:15鳥居みゆき・魍魎ズ
18:25~18:55挨拶行事

夕方からのメインイベント

18:55~しゅうばつの儀
19:15〜〜神話への誘い〜輦台・たいまつ行列
古代住居産屋炎上
19:20〜〜古代のロマン〜御神火降り・たいまつ行列
オワケの臣登場(御託宣読み上げ)
20:00〜フィナーレ、打ち上げ花火

さきたま火祭りへのアクセス

毎年、さきたま火祭り当日は、周辺道路がかなり混雑しています。車の場合は、臨時の無料シャトルバスを利用するのもおすすめです。

車でのアクセス

  • 圏央道「桶川加納IC」から約30分
  • 関越道「東松山IC」から約40分
  • 古代蓮の里から無料シャトルバス(約10分)が運行

電車でのアクセス

  • JR高崎線「吹上駅」から朝日バス佐間経由(約10分)乗車。「産業道路」下車、徒歩約15分
  • JR高崎線「行田駅」から市内循環バス(約40分、150円)乗車。「さきたま古墳公園」下車
  • JR高崎線「北鴻巣駅」から無料シャトルバス(約10分)乗車。20分から30分間隔で10:00〜21:00の間運行

駐車場情報

さきたま古墳公園の駐車場以外にも、臨時駐車場が開設されます。駐車場の料金は全て無料です。

行田市の無料駐車場も利用できる

行田市では観光用の無料駐車場も開設しています。観光駐車場に車を停めて、徒歩でさきたま古墳へ行く方法もありますよ。

行田散策マップ 行田市の観光やイベントで利用できる無料駐車場まとめ