行田の観光のスタートには「行田市バスターミナル観光案内所」貸自転車・貸ロッカー付き。

行田市の中心部にある「バスターミナル観光案内所」をご紹介。観光情報の他にも、現在はドラマ「陸王」の舞台ということもあり、陸王グッズも揃っている案内所です。

外観・案内所内の様子

行田市の中心部、市役所の南側に位置する観光案内所。行田市民プールの横に建っており、道路側からはよく見えないなので見過ごし注意です。

市民プールの駐車場に入り、バス停の奥にあるんです。ちょっと分かりにくいかな。

入り口には日本遺産認定を受けた「足袋蔵のまち行田」を強調させるのれん。行田商工会議所が作成した「おもてなしのれん」だそうで、鮮やかなエメラルドグリーンがさわやか。

案内所内には行田市の観光や見どころなど、パンフレットや資料が揃っておりスタッフさんからも気軽に話が聞けます。

ドラマ「陸王」グッズ

入って中央にはドラマ「陸王」グッズ!関連商品が販売されています。

  • スマホケース3,780円
  • 絵馬1,080円
  • パスケース1,620円
  • 名刺ケース2,160円
  • マグカップ1,620円
  • パズル1,620円

陸王Tシャツ(2,160円)も!ファンにはたまらないはず。

行田市報には「陸王」原作者の池井戸潤さんと行田市長との対談が掲載されたことも。今はドラマ「陸王」押しな印象。

ドラマ「陸王」の舞台は行田市!撮影ロケ地を巡ってみた 「陸王」とコラボ!ドラマ化記念特別商品「陸王十万石まんじゅう」

日本遺産認定「足袋蔵のまち」観光資料

日本遺産認定された行田市内に残る足袋蔵や歴史的建造物を写真や地図付きで案内。外観を見学できる建物もあるので、市内を巡る際の観光プランも立てられます。

行田名物古代米カレー

行田市内の飲食店で販売しているライスを古墳型にした「古代米カレー」の紹介。さきたま古墳群など多くの古墳があることから、名物とされているんですよね。

紹介されていた主な飲食店

  • 高澤記念館カフェギャラリー
  • 日和cafe
  • カフェ音時計
  • CAFE茶葉古道
  • 軽食さきたま
  • Bistro Fujiyama
  • カフェそれいゆ

貸自転車・貸ロッカー

案内所では無料で貸自転車、貸ロッカーの利用が可能。ただし、自転車利用時は身分証明書が必要で電動アシストの貸自転車は有料(500円)だそう。

ママチャリの台数が多いですが、前方にチャイルドシートが付いた自転車や子ども用ヘルメットも用意されているとのこと。子連れで観光するのにも便利です。

天気が良い日には自転車を貸りて市内観光もおすすめ。行田観光の際には、ぜひ寄りたい情報収集に使える案内所でした。

行田市バスターミナル観光案内所 詳細情報

  • 住所:埼玉県行田市本丸3-5
  • 電話:048-554-8820
  • 営業時間:9:00〜16:00
  • 定休日:年末年始