和菓子・洋菓子・カフェ、3人の職人が揃う!桶川「菓匠 幹栄 × Cafe Latte 57℃」

スポンサーリンク

前回のつづき。
上尾の「koumibou(コウミボウ)」の次に向かったのがコチラ。

桶川の「菓匠 幹栄 × Cafe Latte 57℃(かしょうかんえい × カフェラテ57ど)」。
和菓子と洋菓子、そしてカフェでコーヒーがいただけるお店です。

しかも、経営されているご兄弟3人が和菓子職人、パティシエ、バリスタという、それぞれの個性を活かしたプロが揃っている!
これだけ聞いただけで、幹栄に興味持つ人も多いはず。(何を隠そう私もその1人だし!)

幹栄も北本日記のさくらさんがお気に入りのお店。連れてきてもらいました。

この日は臨時休業で「アレ?やっていない(汗)」と一瞬焦りましたが運良くお店の方と会うことができ、特別に入れていただきました。
(幹栄の皆様、ありがとうございました!)

店内は入口から和菓子、洋菓子、そして奥にカフェという配置。
営業中はケースにたくさんの魅力的なお菓子が並んでいます。

目の覚めるようなグリーンのエスプレッソマシンが目印のカフェコーナー。
「LA MARZOCCO(ラ・マルゾッコ)」というイタリア製の一流マシンだそうです。至る所にこだわりが感じられる店内。

飲み物を注文すると購入したお菓子と一緒に店内でいただくことができます。(飲み物はテイクアウトも可。)

家に帰る前にふらっと寄り道したくなるような、そんな居心地の良いイートインスペース。
使用されているウォールナットのテーブルはなんと手作り。お菓子だけでなく、家具まで作れるとは職人さんとはいえ器用すぎる!

幹栄カフェでカフェラテをいただく

店内でホットカフェラテを注文。
カフェラテを注文すると、バリスタさんが席でラテアートを描くのを見せてくれます!
目の前で楽しませてくれるなんて、嬉しいおもてなし。

目の前で作ってくれたラテアート。どうしたらこんなに綺麗に描けるんでしょ。。
味もフォーム(泡)がキメ細かく滑らか。味も満足です。

さくらさん注文の品。ラテアートが微妙に違ってまた楽しめました。

お持ち帰り編

自分だけ食べてばかりではマズい(汗)と家族にお土産を購入しました。
和菓子と洋菓子をそれぞれいただきます!

どら焼

幹栄のどら焼は素材にもこだわっている本物中のホンモノ。皮は職人さんが手焼きしています。
袋から出そうと触った瞬間「あ!柔らかい!」と。ふんわり、しっとりな、どら皮で、これは間違いないとピーンときた。

どら皮の中は北海道産の餡。皮も餡もバランスが良く美味しくいただきました。

幹栄焼 栗どら焼

栗入りなので見た目がふつうのどら焼よりぷっくりと厚い。

半分に割ってみるとビックリ。こんなに大きな栗が入っていたとは!
1個しか買わなかったので家族で取り合いになるくらい人気(笑)次はもう少し買わないと。

和歌山オレンジのパウンドケーキ

オレンジピールがたくさん入っていて、しっとり生地で深みのある味わい。
自然なオレンジと洋酒の香りがめちゃくちゃ良いです。

幹栄のショップカード

「ケーキ×どら焼×ラテ」の写真入りショップカード。
どら焼をアルファベットで書くのってなんだか新鮮。dorayaki!

和菓子、洋菓子、カフェが揃う使い勝手も抜群なお店でした。
和菓子職人、パティシエ、バリスタのご兄弟なんて素晴らしい個性・・!なかなかいないよね。

更に詳しく幹栄のことが知りたいなら、さくらさん執筆の北本日記の記事もオススメ!
さくらさん、幹栄が好き過ぎて独占インタビューもしています(スゴイ)。幹栄愛が伝わってくる内容です。

北本日記「菓匠 幹栄 × Cafe Latte 57℃」記事一覧

菓匠 幹栄 × Cafe Latte 57℃ 店舗情報

スポンサーリンク