深谷の和洋菓子店「菊寿堂」人気のコッペパンを食べてみた。メニュー・感想を紹介

深谷・菊寿堂の酒種コッペ5種

深谷の「菊寿堂」へ行ってきました。菊寿童は1811年創業という200年以上の歴史を持つ老舗店。和菓子専門でしたが、現在はケーキや焼き菓子、コッペパンなども扱っています。

実際に行ってきましたので、お店の様子や味の食べた感想を紹介します。

MEMO
2020年5月時点、当面の間10:00~18:00の営業ですのでご注意ください

菊寿堂の場所・アクセス

菊寿堂の場所は深谷市国済寺です。以前は仲町に店舗がありましたが、2010年に国済寺に移転しました。

隣は4階建ての桜ヶ丘病院なので分かりやすいです。

深谷・菊寿堂の外観

駐車場は店前に3台分と、50mほど離れた場所にあります。混雑時は離れの駐車場を利用してみてください。

菊寿堂のメニュー

菊寿堂は持ち帰り専門となっています。イートインスペースは用意されていませんのでご注意くださいね。

深谷・菊寿堂の店内

入口付近からずらりとお菓子が並んでいました。

和菓子のメニューはどら焼き、大福、ようかん、あんみつ、カステラ、みたらし団子など。トレーやカゴに商品を入れ、レジに持って行きます。

深谷・菊寿堂の洋菓子コーナー

焼き菓子はクッキー、フィナンシェ、マドレーヌなど。レジ前のケースにはロールケーキ、プリン、シュークリーム。

深谷・菊寿堂のコッペパン

そして、菊寿童で人気のコッペパン!

パンは店内で焼いている自家製天然酵母の酒種コッペパンです。具が入っていない「プレーン」も販売していますので、自宅で作るのもいいですね。

深谷・菊寿堂のコッペパンメニュー

コッペパンのメニューをもらってきましたが、種類が多くでびっくり。

深谷・菊寿堂のコッペパンメニュー

メニューは時期によって異なりますのでご注意ください。

菊寿童のお菓子やコッペパン

お菓子とコッペパンをいくつか購入してきました!

コッペパン

左から、あんバタ、レーズンバター、クリーム、いちごジャムバタ、シナモンあげぱん。コッペパン定番の味を中心に買ってみました。

コッペパンの大きさは長さ15cmほど。生地がつまっているので、食べごたえありそうです。

あんバタ

あんバタには菊寿堂で炊いているあんこを使用。小豆の食感や風味が味わえます。あんことバターって和と洋なのに最高に合う・・・!

いちごジャムバタ
クリーム

バニラビーンズ入りのクリームをたっぷり挟んでいます。ふわっととろけるようなクリームでデザートみたい。

レーズンバター

中でもおすすめなのがレーズンバターです。ラムレーズンなので、ふんわり華やかなラム酒の香り。菊寿堂へ行くと毎回買っています。

シナモンあげぱん

シナモンと砂糖の粉を口に付けながらザックっといただきました。給食の揚げパンを思い出しますね。他に、きなこ味もありましたよ。

塩豆大福

深谷・菊寿堂の塩豆大福

お餅が柔らかいのでよく伸びます!中には塩気のあるつぶしあん。お茶と一緒に食べたくなります。

ゆでまんじゅう

深谷・菊寿堂のゆでまんじゅう

「ゆでまんじゅう」というネーミングが珍しくて買ってみました。茹でているのかな?表面はペタペタ、中身はもっちりで不思議な食感。中身はつぶしあんです。

フルーツあんみつ

カップ入りのあんみつを販売しています。

下のカップには寒天と豆。上のカップには、いちご、キウイ、パイナップル、みかん、桜桃、さくらんぼ。別容器にあんこ、黒蜜というセットです。

カップに盛り付けてみました。たくさんのフルーツの酸味があんこや黒蜜の甘さを中和してくれます。最後の一滴までおいしい!

シフォンケーキ

深谷・菊寿堂のシフォンケーキ

口に入れた時のしっとりふわふわ感がたまりません・・・!購入したのはカットサイズですが、ホールサイズもありましたよ。

和洋菓子やコッペパンなど、気分や好みで組み合わせできます。

向かいのカフェ、The Shade Tree(ザ・シェイド・ツリー)と合わせて行くのもおすすめです。

菊寿童のカフェザシェードツリーBLTサンドイッチ 深谷・菊寿堂のカフェ「The Shade Tree.(ザシェードツリー)」でランチ。コーヒー・パン・メニュー情報

菊寿堂 店舗情報

※店舗情報やメニューは記事公開時点のものです。