ラグビーワールドカップ 熊谷で開催!

行田にオープン!「パン工房510」プレオープンに行ってきた

行田 パン工房510

行田市内に新しくオープンするパン屋「パン工房510」へ行ってきました。

地元農家の最高級卵と生クリームを使用した角食パン、足袋蔵のまち行田をイメージしたパン、天然酵母のパンレーズンクランベリーなどがおすすめのお店。

2018年2月3日がグランドオープンですが、一足先にプレオープンの様子をご紹介です。

外観

場所は行田市藤原町の住宅街。アパート1階部分が店舗で、前に5〜6台分の駐車場。営業時間は朝7時から15時までです。

プレオープンとグランドオープンの計4日間で金券のサービスが実施されるとのこと。

プレオープンの1月18・19日は購入金額200円ごとに100円の金券、グランドオープンの2月3・4日は購入金額の半額の金券サービスが実施されます。

行田 パン工房510

外にはおすすめのパンの紹介。

地元農家の最高級卵と生クリームを使用した角食パン、極(きわみ)、足袋蔵のまち行田をイメージしたソフトパンドミ、あきのこない味を追求した食パンロイヤル、天然酵母のパンレーズンクランベリーなど。

行田 パン工房510

他にも塩パン、ビーフカレーパン、自家炊きクリームパンなど。種類豊富で期待できそう・・・!

店内の様子

行田 パン工房510

おすすめを見ながらどのパンを買おうかな〜と、店内に入ろうとするとお客さんでいっぱい。会計が終わったお客さんが出てから入店するほどの混雑でした。

行田 パン工房510 行田 パン工房510

朝9時頃だったのですが棚に全くパンがありませんでした。。金券の影響なのかもしれませんが、プレオープンからすごい人気ぶり。

周りのお客さんから聞いたところ、8時の時点でお客さんがいっぱいで入れなかったとのこと。オープンの7時からお客さんが途切れずに来ているようです。

行田 パン工房510

混んでいたのでレジに並びつつ、焼き上がったきたパンをトレーに乗せるという形に。今回は好みのパンというより、焼き上がってきたパンを購入です。

行田 パン工房510

レジ近くにはスコーン、ガレット、クッキーなどの焼き菓子も販売されています。

行田 パン工房510

お店の袋はリスのイラスト。店内にもリスの雑貨があったのでお店のキャラクターかな。

行田 パン工房510

購入金額200円ごとにもらえた100円の金券とスタンプカード。
スタンプカードは300円購入ごとに1つスタンプがもらえ、50個たまると500円の金券として使えます。

購入したのはこちら

行田 パン工房510

  • 鳴海屋明太子フランス
  • ガーリックフランス
  • チーズクッペ
  • クルミパン
  • ビーフカレーパン

どれも焼きたてでふんわり!特に気に入ったのがカレーパン。マイルドな自家製のビーフカレーがたっぷり入っていました。

おすすめ商品の塩パンや自家炊きのクリームパンも気になるところ。今回金券がもらえたので、オープンの混雑が落ち着いた頃また伺いたいなと思います。

パン工房510 店舗詳細

住所:行田市藤原町2−15−5 サンシティフジ1階
電話:048-579-5617
営業時間:7:00〜15:00
定休日:水曜