1日遊べる「道の駅 ららん藤岡」高速を出ずにアクセス可能

スポンサーリンク

おでかけブロガーにな(@saitama_sanpo)です。

群馬県藤岡市の道の駅「ららん藤岡」へ行ってきました。

一般道からだけでなく、高速(関越道)からも直接アクセス可能という珍しい道の駅。
今回は関越道から寄り道してきました。

ららん藤岡は藤岡PAに併設

関越道上り線藤岡PAから、高速を出ずに入ることができます。
(注意!藤岡PAは上り線だけで、下り線はありません)

ただ、注意したいのは、関越道走行中の標識。
関越道では「道の駅 ららん藤岡」の案内標識が一切ないんです!

どこが高速からの入口なのか分からず、実際に通り過ぎてしまったことがあります(汗)
藤岡IC出口」「ハイウェイオアシスP」の標識が出ているので、そちらに進んでくださいね。

ちなみに、藤岡PAの設備はトイレのみ。
売店やレストランはありません。

ららん藤岡高速バスのりば

各地への高速バス停留所があります。
2017年7月時点の行き先は以下のとおり。

ららん藤岡でできること!

エリアに分かれ、観る、遊ぶ、食事、買い物、が揃っています。
1日中遊べちゃいそうです。

観る

花の交流館は展示会や文化活動として使用されているそうです。
藤岡市の特産であるシンビジウムを中心とした「洋蘭展」などが開催。

この日は大きなイベントはありませんでしたが、1Fには胡蝶蘭が。
華やかで綺麗!

12月になると高速道路からも見えるイルミネーションも綺麗で人気だそうです。

遊ぶ

夏は広場で水遊び!
息子もびしょびしょになって遊んでいましたが、着替えを忘れました。。

子どもはこの噴水へダッシュしていくと思うので、着替えは必須です。
近くにパラソルとイスがあるので親はそちらで見守っていました。

ミニ遊園地も。
観覧車とメリーゴーランドは一人200円(2歳以下無料)。
低額で利用できるのも嬉しいですね。

食べる

食事をしたり、野菜、肉、お菓子、お弁当、お土産などが購入できます。

  • ソムシバン(韓国料理)
  • そば処紫葉庵(日本そば)
  • 東京とんこつらーめん翔(ラーメン)
  • 大勝園(ラーメン)
  • さかな屋すし魚健(寿司)
  • 地域食材レストランファミリーダイニングらん蘭(上州名物ビーフシチュー他)
  • カフェラスパィユ(軽食)
  • 景気屋笑売ウェイブ(シュークリーム)
  • ガトーフェスタハラダ(ラスク)
  • 登利平(鳥めし弁当)
  • 農産物直売所(野菜)
  • 観光物産館(お土産)
  • ファミリーマート(コンビニ24時間営業)

農産物直売所では、藤岡で作られている野菜、おまんじゅう、パンが販売されていました。
隣に無料休憩所があるので、購入したものを持ち込んで食べることができます。

肉の駅は群馬県食肉卸売市場の直営店。
群馬県のブランド品上州牛、上州麦豚などが販売されているまさに肉の駅!

肉の駅店内には群馬県を代表するお弁当「登利平(とりへい)」の店舗があります。

観光物産展ではお土産売り場と観光案内所が入っています。
道の駅のスタンプは観光物産展の中にあります。

高崎市に本社を構えるガトーフェスタハラダの店舗もあります。

授乳室&トイレ

赤ちゃんや小さい子ども連れだと気になるのがベビールームやトイレ。

自動ドアでベビーカーでも入れる広さ。冷暖房付きです。
設備はおむつ替えシートが2台、おむつ用ゴミ箱、調乳用のお湯、水道。

授乳室はカーテン仕切り。
小さいソファイスと荷物を置く台がありました。

私も利用しましたが、清潔で過ごしやすかったですよ。

ベビールームの隣のトイレお自動ドア。
ベビーチェア、ベビーシートが完備です。

高速からもアクセス可能、観る、遊ぶ、食べるが揃っている道の駅、ららん藤岡。
休日や長期の休みのおでかけに覚えておきたいスポットですね。
遊び場もあるので子連れにもおすすめです。

ららん藤岡 施設詳細

  • 住所:群馬県藤岡市中1131-8
  • 電話番号:0274-24-8220
  • 営業時間:各店舗で異なるためHPを参照
  • 定休日:各店舗で異なるためHPを参照
  • 駐車場:無料
  • HP:http://www.laranfujioka.com/index.html
スポンサーリンク