【栃木】うつわ好きにおすすめ!益子陶器市へ行ってきた。アクセス・駐車場情報

益子陶器市

栃木県益子町といえば、益子焼!

春と秋の年2回開催されている陶器市「益子陶器市」へ行ってきました。

陶器市を巡ってきた様子をご紹介していきます。

益子陶器市とは

陶器市は1966年(昭和41年)から始まり、例年、春のゴールデンウイークと秋の11月3日前後に開催されます。
販売店約50店舗の他約500のテントが立ち並び、伝統的な益子焼から、カップや皿などの日用品、 美術品まで販売されます。
テントでは新進作家や窯元の職人さん達と直接会話を楽しむことができます。
焼物だけでなく地元農産物や特産品の販売も行われ、春秋あわせて約60万人の人出があります。

「益子町観光協会HP」より。

人口約2.34万人の益子町にこれだけの人が訪れるというのは、なかなかの大イベントです。

益子焼以外の全国各地の焼き物(信楽焼や美濃焼など)も置いてありますよ。

益子陶器市の様子

埼玉北部の自宅から益子町までは高速を使って2時間ほど。8時過ぎに到着しました。

「少し早く到着しちゃったかな〜」と思いましたが、真岡IC周辺は既に混み始めていたし、早くも満車になっている駐車場があったりと、早く来て正解。


▲益子町のパンフには情報がぎっちりー!

総合案内所に陶器市の地図が置いてあるのでザッと確認します。後で読む用に町のパンフレットももらっていこう。

陶器市は広い範囲で開催されていますが「城内坂通り」がメインの通り。

道路の両脇には1kmほど陶器市のテントが並び、個人の作家さんや陶芸体験ができる大きな店舗の商品まで様々です。

城内坂通りの横道にもテントがずらり!

自宅での食事用や撮影用のお皿が欲しかったのでとにかく歩いて回ってきました。

500以上の出店者がいるとはいえ、気に入った陶器を見つけるのはなかなか難しい。作家さんの陶器は高額なものが多いので予算と相談したりね。

陶器の撮影をさせてもらうときは、一言声をかけたほうがよさそうです。作家さんの作品となると特にですね。

道路沿いだけでなく、古い蔵を利用しての展示もあります。暑い日だったので蔵の中はひんやりして気持ちよく小休憩にはちょうどいいです。

益子陶器市
▲何かのキャラクターにも見えてくる焼き釜

実際に使用している釜を見学することもできます。まさに焼き物の町ならでは!

「登り窯」という山の傾斜を利用することで、炎の余熱を余すことなく利用できる窯の構造だそうです。

益子陶器市 窯の斜面

別の場所では近くで見学できる展示用の釜がありました。斜面になっているのが分かります。

益子陶器市 窯の中

各部屋に陶器を並べ、約四日間かけて釜焚きするそうです。中の温度は1000℃〜1300℃とか。

8時過ぎから10時30分まで歩き回り、結果陶器を数点購入です。陶器市と益子町の散策を兼ね、宿泊してじっくり回りたかったくらい〜!

時間が経つごとに人が増え、道路沿いやテントブースが歩きづらいほどに。車も渋滞していましたね。

益子陶器市 益子陶器市 益子陶器市 益子陶器市 益子陶器市

益子陶器市へのアクセス方法・開催時間の情報など

益子町観光協会のページに詳しい情報が載っています。益子までの直行バス、駐車場・トイレ情報など、訪れる前に確認しておくといいですね。

駐車場について


▲陶器市マップを参考にするのだ

駐車場は各所に点在しており、無料と有料があります。

主な無料駐車場は以下の通り。どこもメイン会場の城内坂周辺からはやや遠いです。

  • 益子駅西口駐車場
  • 益子町役場
  • 益子町商工会
  • 益子中学校

メイン会場の城内周辺は確認した限り有料だけです。料金は500円〜。城内周辺の駐車場は早めに埋まっていきますので、近くに駐車したい場合は朝一で行くことをおすすめします!

我が家は車で行き、駐車場は無料の「益子駅西口駐車場」を利用しました。そこからメイン会場へは徒歩で15分ほど。暑かったので帰りはちょっとキツかったですね(汗)