温活カフェ・岩盤浴で癒やしの空間を満喫「熊谷天然温泉 花湯スパリゾート」

スポンサーリンク

熊谷市の温泉施設「花湯スパリゾート」へ行ってきました。
2017年4月にオープン後から、行くタイミングを狙っていましたがようやく!

源泉掛け流しのお風呂、岩盤浴や温活cafeを満喫してきました。

花湯スパリゾート外観・館内

場所は国道17号バイパス沿いの熊谷市上之。

東京方面からは「上之(北)」交差点を右折するのですが、この右折が少々分かりにくい。
交差点の20mほど手前から右折レーンへ入るので注意が必要です。

平日18時頃に到着。
駐車場は平日にしては混んでるなぁという印象です。
入口から近い駐車場は埋まっていました。

敷地は東京ドームの約半分の約7200坪。
樹木に囲まれ、まさにスパリゾート!

料金表

コースは3種類。
料金はコースごとに分かれ、時間制限はありません。

  • ご入浴コース
    (館内着、タオルは無し)※子連れOK
    →お風呂のみ。岩盤浴と温活cafeは利用できない
  • 温活cafeネストコース
    (館内着、岩盤浴で下に敷くバスタオル付き)※中学生以上から
    →お風呂、岩盤浴、温活cafeが利用できる
  • 朝風呂
    (土日祝6:00〜9:00)※子連れOK
    →お風呂のみ。岩盤浴と温活cafeは利用できない

館内案内図

お風呂、温活cafe、食事処、ヘアカット、エステ、マッサージと、十分な施設が揃う館内。

お風呂は内湯と露天風呂。
露天風呂が少し散歩できるくらい広くて驚きます。
日本庭園のような空間の中に種類豊富な湯船。
源泉掛け流しの浴槽は加温なしで37〜40度とちょうどよかったです。

食事処は2つ。
まずは、受付の目の前にある「いろはのゐ」。

和食中心の食事、お酒、おつまみなど。
ファミレスに比べると高めな値段設定かな。

そして「カフェプルミエール」。
深谷と熊谷八木橋に店舗があり、3店目だそう。
ピザ、パスタ、ケーキなどのメニューがありました。

温活cafeネスト&岩盤浴

館内着で入れる温活cafeエリアはかなりの充実ぶり!

  • 富士溶岩、ヒマラヤ岩塩など8種類の岩盤浴
  • 熱波ロウリュウ(1日4回)
  • TV付リクライニングチェア
  • 無料電動マッサージチェア
  • 無料インターネット
  • 無料Wi-Fi
  • フリー温活ティー
  • フリーコーヒー
  • 約1万冊のコミック・雑誌・書籍

1台ずつテレビが付いたリクライニングソファ。
タオルケットの貸し出しもあるので仮眠もOK。

私も雑誌や漫画を読みながらゴロゴロ。。

電動マッサージチェアが人気で、常に満席!
なかなか空きが出ませんでした。

岩盤浴は出入り自由。

熱波ロウリュウだけは1日4回(12時、15時、18時、21時)と開始時間が決められています。

約67度の室内を大きなうちわで扇ぎ、熱波が身体を直撃!
全身から汗がドバッと出て気持ち良かったです。

フリー温活ティーのコーナー。

温活cafeなので温かい飲み物だけだそうです。
岩盤浴の後に汗ダラダラで熱いお茶を飲むという・・ちょっと違和感(笑)

マシンではコーヒー、カフェラテ、ココア。
ティーバッグでは、しょうが紅茶、黒豆チャイなど健康的なお茶が揃っていました。

18時に入館し「2、3時間で帰ろうかな」と思っていたのですが、気がつけば22時過ぎ!
できれば仮眠をして帰りたかったくらい。

お風呂だけでも十分良いですが、やはり温活cafeネストコースがおすすめです。
岩盤浴やマッサージチェア、漫画があり、長時間飽きることなく過ごせそうですよ。

お風呂は小さいお子さん連れの方も多かったです。
今度は息子を連れて来ようかなぁと思っています。

花湯スパリゾート 詳細情報

  • 住所:埼玉県熊谷市上之1005
  • 電話番号:048-501-1126
  • 営業時間:10:00〜翌2:00(日〜木)10:00〜翌9:00(金土、祝前日)
  • 定休日:HPを確認
  • 駐車場:約220台(無料)
  • HP:http://hanayuspa.jp/
スポンサーリンク