埼玉銘菓「十万石」の「ヴィンテージ・バームクーヘン」

スポンサーリンク

今年のお正月。
親戚へのお年賀を購入するために「十万石」行田本店へ行ってきました。
十万石のオススメお菓子をご紹介。

十万石行田本店は国道125号線沿い、秩父鉄道行田市駅に近い市内中心部にあります。
駐車場はありますが、ちょっと狭いです。

「風が語りかけます・・うまいうますぎる。十万石まんじゅう・・」
と、テレビ埼玉放送のCMでおなじみ!

親戚や友人宅へ持参するお菓子といえば、子どもの頃から我が家は「十万石」。
なので今でも十万石の店舗を見かけると、なんだか安心します。

十万石の本店は立派なんです。
国登録有形文化財に登録されている蔵づくりで、一見の価値あり!
1880年代(明治時代)に呉服屋の店蔵として建造され、その後足袋蔵とし使用。1969年より十万石行田本店として現在に至ります。

昔ながらの造りを活かした店内も雰囲気がありますよ。

購入したのはこちら

ヴィンテージ・バームクーヘン

十万石といえば、まぁ十万石まんじゅうなんですが。以前から気になっていたヴィンテージ・バームクーヘンを初めて購入。

「本場ドイツの製法。年輪一層一層を丹念に焼き重ね、しっとりと深い味わいに仕上げる本場ドイツの製法そのままに、スタイリッシュにリニューアルいたしました。
十万石ならではのバームクーヘンをお楽しみいただきたく「ヴィンテージ」を付けさせていただきました。」とのこと。

ちなみに、十万石は和菓子店のイメージが強いけど、こうしたケーキやクッキー詰め合わせなど洋菓子もあります。

ヴィンテージ・バームクーヘンは大、中、小と3種類あり、小を購入しました。

  • 大は直径14cm、高さ7cm
  • 中は直径14cm、高さ5.2cm
  • 小は直径14㎝、高さ3.5㎝

直径はどのサイズも同じだけど高さが違う。大は小の倍あるのね。

年輪の生地がみっちり詰まり小サイズでもずっしり重い。
外側は厚いホワイトチョコでコーティング。バームクーヘンが主役とはいえ、チョコ部分も手を抜いた感がなくすごく美味しい!

バームクーヘン自体は、シナモンがきいて軽くスパイシー。生地が詰まっているとはいえ、パサパサではなく程よくしっとり。
ホワイトチョコとバームクーヘンのマッチングも良しです。

あーうまい、うますぎるーー!

あ、言いたいだです。いや、でも美味しいバームクーヘンです。

一緒に食べた親戚一同にも、とても好評。あっという間に無くなりました。
やっぱり十万石よね!と、ちょっとしたお土産に最適なのを認識したお正月でした。

十万石行田本店 店舗情報

  • 住所:埼玉県行田市行田20-15
  • 電話:048-556-1285
  • 営業時間:8:30~19:00
  • 定休日:なし
  • 駐車場:7台
スポンサーリンク