【熊谷・おふろcafé bivouac(おふろカフェビバーク)】2016年9月10日(土)オープン

スポンサーリンク

熊谷市久保島(くぼじま)で28年間営業していた「サイタマ健康ランド」跡地を全面改装!
アウトドアをコンセプトとしたおふろカフェビバーク」に生まれ変わり、2016年9月10日(土)午前10:00にオープンです。

運営は株式会社温泉道場

埼玉県内では大宮の「おふろcafé utatane
ときがわ町の「昭和レトロな温泉銭湯 玉川温泉
神川町の「白寿の湯」の経営会社です。

IMG_4353

温泉道場HPより抜粋。

2016年9月、おふろcaféブランドの3店舗目が埼玉県・熊谷市にオープンいたします。新店のコンセプトは、「グランピング温浴施設」。“bivouac”(フランス語で露営の意)を冠するに相応しく、終夜営業で温浴施設の中に居ながら少し贅沢なアウトドア感を得られる、新しい形の“おふろ café”となります。

bivouac(ビバーク)は登山用語として使われるフランス語で、「野外でテントや自然にあるものを利用して、夜を過ごすこと」を意味します。ホッ、と一息つきながら、日頃の疲れを癒やし明日への活力を生み出す場所。

従来のおふろcaféでも大好評だった無料コーヒー、漫画や雑誌の設置(こだわります!)、wifi無料で使い放題、などなど、お客さまがゆったり過ごせるアイテムを取り揃えてお待ちしています。

アウトドアは、テントやBBQキットなどお気に入りの道具を購入して楽しむことが一般的。もっとライトにアウトドアを楽しみたい、体験してみたい。グランピングのような新しいスタイルのアウトドアにも興味がある。そんな方のために、道具などの事前準備がなくても気楽にアウトドアスタイル、グランピングスタイルを楽しめる温浴施設を目指します。

おふろカフェビバークはこんなところらしい・・!

  • オープン日:2016年9月10日午前10:00
  • 住所:熊谷市久保島939
  • 交通:熊谷駅南口より無料シャトルバス運行あり
  • 営業時間:10:00〜翌9:00(23時間営業)
  • 料金:フリータイム1,380円
  • 設備:館内に5メートルのボルダリングウォール、テント・ハンモック設置、雑誌・コミック1万冊、自動マッサージ機完備、FreeWi-Fi完備、朝風呂有り、挽きたてコーヒー無料

様子を見てきたよ(2016年8月21日)

IMG_4602

熊谷市久保島交差点そば。国道17号と17号バイパスがぶつかる場所です。

IMG_4605

健康ランド時代の看板はまだ健在。

IMG_4604

正面玄関から。外壁はグレーとベージュ色に変わっていました。ロッジのような外観にするため、古材をイメージした特別に加工した木材を利用しているとのこと。
さすがに中は見えませんでしたが、工事関係者の方が大勢出入り。

IMG_4606

横道に入った駐車場から。裏手側はこんな感じ。

アウトドアもスーパー銭湯も両方好きとしてはどんな施設なのか今から楽しみー!オープンしたら行ってきます。

スポンサーリンク