秩父鉄道のグルメ・観光沿線情報誌「PALETTE(パレット)」が創刊

埼玉県内の羽生駅〜三峰口駅間を走る秩父鉄道の沿線情報誌がリニューアル!
以前は見開き2ページの「秩父鉄道ニュース」でしたが、15ページほどの小冊子「PALETTE(パレット)」へ変更し、読み応えも十分ありましたよ。

PALETTE(パレット)12月号の内容

ちょうど2017年12月号が配布されていました。

ユネスコ無形文化遺産にも登録された12月3日(日)秩父夜祭大祭に合わせ、秩父鉄道では臨時列車を増発します。秩父夜祭へは渋滞のない列車で、お時間に余裕をもってお出かけください。
SLパレオエクスプレスは12月10日(日)で今年の運行が終了!冬の思い出づくりにぜひ遊びに来てください♪その他、秩父三社(寳登山神社・秩父神社・三峯神社)をめぐる「幸せを呼ぶ列車旅」では、各神社イラスト入りオリジナル木札ストラップがもらえる企画も実施中。これからの受験シーズにむけて、ぜひ合格祈願に訪れてみてください。

受験シーズン到来!ってことで秩父三山(寳登山神社・秩父神社・三峯神社)、熊谷の文珠寺、妻沼聖天山、深谷の滝宮神社の歴史やお守りが紹介。

気になったのが「駅からぶらり」のページ。12月号は羽生駅をピックアップし、駅周辺の飲食店6件が掲載されていました。あまり立ち寄ったことのない駅の情報を得るには面白いかも!

現在放映中のドラマ「陸王」のロケ地、足袋のまち行田市のことも。

以前の情報誌から引き続いて秩父鉄道主催の「ハイキングスケジュール」も掲載。何回か参加したことがありますが、コースによっては予約不要、参加費無料で健脚レベルに合わせた内容なので歩きやすいです。

「きらりストーリー」では沿線で輝き続ける方にインタビュー。どんな方が住んでいるのか気になるしこういうの好きだなー。12月号は熊谷市の「ゆめみる本屋さん」のおいかわさん。楽しそうなお店なので伺ってみたいです。

以前より情報量も内容も濃く、秩父鉄道の冊子としては読み応えがあるな!という印象。情報収集に役立ちそうです。

PALETTE(パレット)配布場所

秩父鉄道各駅、JR吹上駅、JR行田駅、JR熊谷駅、自治体によっては観光協会などにも置いています。

送料及び手数料1,000円で定期購読も可能だそう。詳しくは秩父鉄道公式ページでご確認を。