子どものお弁当箱を購入。工房アイザワの「角形ランチボックス」

スポンサーリンク

幼稚園児の息子から「お弁当箱のサイズが小さいから大きくしてー!」と要望があり新調しました。

購入したのは、「工房アイザワの「角型ランチボックス」。
アイザワは、洋食器や金属加工業で世界的シェアを誇る新潟県燕市にある大正11年創業の老舗道具店です。

アイザワのランチボックスは2つめ。なかなか気に入っています。

左が入園当初から使用している「角型ランチボックス小」、右が今回購入した「角型ランチボックス中」。
ワンサイズ大きしました。

  • 角型ランチボックス小
    サイズ(約)130×115×H47mm
    容量(約)/360ml
  • 角型ランチボックス中
    サイズ(約)/160×134×H50mm
    容量(約)/670ml

園児のお弁当箱にしては渋っ!・・と言われそうだけど、どうもキャラクターが付きのプラスチックのお弁当箱が好きになれない私。

アルミや曲げわっぱのお弁当箱も検討したけれど、最終的にこれにしました。
(息子に曲げわっぱのお弁当箱を見せた時はさすがに「これはイヤだ」と言われたし。汗)

このステンレス製ランチボックスの気に入っている点としては、

  • 食材の色や匂いが移らない
  • 油汚れがスッキリ落ちる
  • シリコン製パッキン付きでしっかり密閉でき汁が漏れにくい
  • サビにくく丈夫
  • デザインがシンプルなので小学生以降も長く使用できそう
  • 幼稚園の保温器で使用可能

ま、完全に親目線で決めちゃったんですが。息子も気に入ってくれています。

惜しい点を挙げるとしたら、電子レンジが使用できないことかな。ステンレスなので仕方ないけど。

底の裏にはシンプルな「工房アイザワ」の文字。コレもお気に入りポイント。

このランチボックスシリーズ、他にも2段式、丸型、細長いスリムな角型、更に大サイズと、数種類あるので用途に合わせて選択できるのも便利です。

こんなふざけたお弁当の日も。

サンドイッチも入ります。

いつかまた、更に大きなお弁当箱を購入する日が来るだろうな・・と息子の成長を想像しながら日々お弁当作りに励んでおります。

スポンサーリンク